2017年度さむらい収支ランキングを公開!設定狙いメインで立ち回った結果と天井狙いを分けて発表!

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


先日挙げた“実戦記”『2017年の実戦記』
大方、記事にさせて頂いたのではないか?


全ての実戦を記事にしているわけではないので
中には門下生(読者様)には見せていない姿も
あるだろう。


2017年の節目と言う事で、昨年と同様に

『機種別収支ランキング』

を公開したいと考えた。


昨年は“差枚数”を表記しての発表があったのだが、
基本的に収支公開はしない主義なので今回、
“設定狙い編”に関しては“差枚数”の表記は控え
させて頂く事にした。


それでも見たいと言う方は読み進めてほしい。


その前に気になる前年度、2016年度の結果とは?

2016年度さむらい収支ランキングを公開!2017年勝ち組になる為には?

機種別収支ランキング設定狙い編

--sponsored link--

先にお断りさせて頂いた通り、収支公開はせず、
あくまで機種発表のみである。


昨年と違うのは“設定狙い”“天井狙い”
分けた所。


前年度の“機種別収支ランキング”第3位
『ミリオンゴッド~神々の凱旋~』であった
のだが、今年の結果はどうなったのか?


これも時代の流れであろうと言う、結果になった
ので合わせてみて頂けたら面白いだろう。


これは2017年1月1日~2017年12月31日までの
データである。

機種別収支ランキング設定狙い第3位!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©北電子

『マイジャグラー3!』

39戦19勝19敗1分で勝率48.7%


第3位『マイジャグラー3』であった。


出現頻度は高めであるが、中間設定に悩まされ、
苦戦も多かった機種。


収支は総収支の12%を占めた結果となった。


続けて『第2位』の発表である。

機種別収支ランキング設定狙い第2位!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©北電子

『マイジャグラー2!』

100戦48勝51敗1分勝率48%


第2位『マイジャグラー2』であった。


“マイホ”の設置台数が一番多い“ハイスペック機”
あって攻めた台数は驚きの100台


勝率の低さは気になる所であるが、時給は2,800円
ほど。


ちなみに時給は2017年度から付け始めたデータで
ある。


収支は総収支の32%を占めていた。


続いて、栄えある『第1位』の発表である!

機種別収支ランキング設定狙い第1位!!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©北電子

『ファンキージャグラー!』

79戦49勝30敗0分勝率62%


栄えある第1位『ファンキージャグラー』
あった!


さすがは“さむらいランキング”1位なだけはある
と言う、結果にw


勝率が62%と高いのは、本機の“設定判別”
難しいが故に、攻める時はかなり、狙いが精査
されている時と言う事と、腰を据えて打ち、
早めに見切ると言うのが極端に少なかった
からであろう。


時給は圧巻の3,800円を越える数値に!


収支は総収支の38%ほどであった。


さて、お気付きの様にこれら3機種の収支を足すと
総収支の82%を占めている為、差枚数公開は控え
させて頂いた次第であるw


これらの結果と前年度の2016年度の結果と
比べると大きく変わったのは“天井狙い”
ランク外になった事。


また、『ニューアイムジャグラー系』
ランク外になった事であろう。


“天井狙い”に関しては後述するとして、
『ニューアイム系』が減ったのは“マイホ”
設定5を使い出したのが大きく影響している。


“ハイスペック機”でも良く、

『設定5ないし、設定4』

と、謳っているが、この流れは“ハイスペック機”
だけに留まらず、『ニューアイム系』にも
及んでいた。


その為、『ニューアイム系』を攻める時と言うのは
確実に“当たり台”であると確信出来るような
狙いの時で終日朝から打てる状況の時にじっくり、
腰を据えて攻めるのみ。


このように、攻め方が変わった結果であろう。


お陰で23戦13勝10敗で勝率は56.5%
『ファンキー』には及ばないものの、
高い数値となっている。

機種別収支ランキング天井狙い編

--sponsored link--

続いては2016年度にはなかった、新ジャンル
『機種別収支ランキング天井狙い編』を発表致そう。


合わせて、注目して頂こう!


まずは、『第3位』の発表から。

機種別収支ランキング天井狙い第3位!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©SANKYO

『修羅の刻!』

2戦2勝0敗0分勝率100%


総差枚数+6016枚


これはただの“1発ゲー”で、たまたま、5,000枚
オーバーした勝ちが1度有っただけと言う。


続いて『第2位』の発表である。

機種別収支ランキング天井狙い第2位!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©エンターライズ

『モンスターハンター月下雷鳴!』

23戦5勝18敗0分勝率21.7%


総差枚数+9,326枚


本機は一度も記事に上がった事はないが、何と
『第2位』となった。


他の機種で多少、“期待値”が上の台が有っても、
“期待値”をさほど気にせず、打ちたいからと、
『モンハン』を選ぶケースは少なくなかった。


それ程、好きな機種だけに“天国狙い”などの
“ゾーン狙い”をしたりと、勝率は低くなって
しまったが、お釣りが来るほどの結果と
なっている。


1戦辺りの結果が+405枚は出来過ぎであろうw


続いて『第1位』の発表である!

機種別収支ランキング天井狙い第1位!!!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村へ ©オリンピア

『パチスロ黄門ちゃま喝!』

14戦7勝7敗0分勝率50%


総差枚数+10,132枚


本機は『赤メーター』“ゾーン狙い”で打つ事も
多く、『赤メーター』での“天井狙い時”“期待値”
の底上げや、打ち始めのボーダーを下げたり、
設定変更による、リセット時の天井短縮の恩恵
など、“天井狙い”が非常にし易い機種であると、
言える。


こちらも大きく勝てた日が2日有った為、1戦辺り
の結果が+724枚と言う驚愕の結果となった。


こう言う結果は、“天井狙い”をやっていて
珍しい事ではないだろう。


続いて、『天井狙い時のワーストランキング』
合わせて発表したと思う。


まずは、『ワースト第3位』の発表である。

機種別収支ワーストランキング天井狙い第3位!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©大都技研

『サラリーマン番長!』

28戦6勝21敗1分勝率21.4%


総差枚数▲3,425枚!


ほぼ、同じ位置に『番長3』が君臨するのだが、
そちらは“設定狙い”の結果も含まれているので
今回は排除した。


最低でも650Gから全て打ち始めたと仮定し、
“期待値”1,500円ほどとしたら欠損は
▲5,777枚(5.6枚交換時)であった。


続いて『ワースト第2位』の発表である。

機種別収支ワーストランキング天井狙い第2位!!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
にほんブログ村へ ©エレコ

『バジリスク絆!』

61戦25勝34敗2分勝率41%


総差枚数は驚きの+121枚であったが、
換金ギャップによる差額でのランクインとなったw


欠損は▲61本(5.6枚交換)ほど。


これは、台数を多くこなしているが、投資額も
膨らみ、こういう結果が出たのであろう。


ちなみに、好きな機種ではあるが、初代の
『バジリスク』から相性はすこぶる悪いw


さて、栄えある『ワースト1位』の発表である!

機種別収支ワーストランキング天井狙い第1位!!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©ユニバーサルブロス

『ミリオンゴッド神々の凱旋!』

56戦15勝41敗0分勝率26.8%


総差枚数▲6,431枚


こちらも台数をこなしているので実際の総収支は
▲218本であった。


昨年度は“機種別収支ランキング”第3位であった
本機も今年は『ワースト1位』と言う結果に。


なぜなら、2017年度にはこんな事があったのだ

ミリオンゴッド凱旋天井狙い実戦記!連続天井単発記録は〇〇連続!?トータル収支はマイナス!?(前編)(後編)


これじゃあ、勝てる訳がないよねw


2018年は積み上げた期待値が戻ってくれれば
良いのであるがw

総括

--sponsored link--

2018年2月には“6号機”の新たな規制が施行され、
更なる厳しい状況が続くだろう。


その中でも2018年の我輩のメインはやはり、
『ジャグラー』“ハイスペック機”
狙っていく事になる。


もちろん、期待出来るなら『ニューアイム系』
攻めて行きたい所である。


2018年になったからと言って、すぐに“6号機”
切り替わるのではなく、徐々に“6号機”の規定内で
認可された機種が出てき、既存の台は徐々に
撤去されていく事となるであろう。


この先は今より、“天井狙い”が出来なくなる時代が
訪れる。


2017年度における“天井狙い”の収支がほとんど、
付いてこないのは“期待値”が下がった事と、
狙える台数が減った事であろう。


今後はどんどん、“天井非搭載機”が蔓延し、
“天井狙い”の更なる、末期が訪れるであろう。


これからの時代を生き残る為にはやはり、

『ノーマルAタイプの設定狙い』

が必須であると言えよう。


2018年度に明るいニュースはないが、
我輩としては

『さむらい流スロプロ道』

を通して、更なる飛躍の年としたい所である。


本年も宜しくお願い申し上げる。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
“天井狙い”の収支はマイナス?と、思われた鋭い
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. カエル より:

    おぉ!収支まとめ&公開お疲れ様です。

    設定狙いの勝率はジャグラー4機種合算で50%越えですか!勝率から台選びの精度を推察するとやはり朝一の時点で「狙いの2台のどちらかが高設定(外しても対抗台に座れれば十分リカバリーできる)」ってぐらい正確に絞れていることがほとんどなんですね。稼働日一日を通しての勝率はどのくらいでしょう?やはり70%を越えるぐらいでしょうか。

    天井狙いはやはり苦しんだ年になりましたね…凱旋の傷口が拡がっている!w(凱旋の連続単発記録記事、前編を参照)

    ところで、凱旋は総差枚▲6,431枚で総収支▲21.8本なのですか?素直にざっくり計算すると▲115本程になりそうですが…

    あと、この天井狙いの収支を見る限り、天井狙いの収支がマイナスということはなさそうなんですが…(ベスト3の合計差枚25,474枚、ワースト3の合計差枚▲9,735枚、マイナス収支ならば、残りの天井狙いの収支は少なくとも▲14,000枚近くのマイナス(換金ギャップ考慮?)ということに?)

    自分自身、メダル貸出のレートの違いはあれど交換は等価以外のお店や再プレイなどを利用した事がなく、いかに貸出を受けても単純な差枚数の差し引きがそのまま収支になっているので、換金ギャップがあるお店での収支計算がよく分からないのですが…やはり投資額が収支に影響しているのでしょうか?

    • さむらい より:

      やあやあ、カエル殿、コメント感謝である。

      何か誤りがあったかな?と、見てみたら単純に1桁間違えておった。

      申し訳ない、早急に訂正させて頂いたのである。

      お詫びと言っては何だが、昨年の勝率を調べさせて頂いた。

      1日単位の勝敗で計算した所、およそ、勝率は62%ほどであった。

      目標は勝率70%なので届いとらんなw

      ちなみに“天井狙い”の総収支はマイナスであるw