マイジャグラー2実戦記!ぶどうが安定しない台を低設定と判断するまで打つ?その行く末は?(後編)

やあやあ、さむらいである。


本日は2月14日と言う事で“バレンタインデー”
あった。


いやはや、最近では意中の“恋仲”の相手に
チョコレートをあげると言うような行事は
しなくなったのだな、と。


お陰で今日が“バレンタインデー”である事を
知らずに過ごしてしまったではないか。


来年こそは気付きたいものであるw


さて、本日であるが、“新たな役職者”の登場で

『悪戦苦闘する実戦記』

『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

マイジャグラー2実戦記!ぶどうが安定しない台を低設定と判断するまで打つ?その行く末は?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は太郎月も月末の頃。


月末“入替日”に我輩が選んだのは

『マイジャグラー2』

“本命台”


“新たな役職者”の登場により、最近の“マイホ”
『ジャグラーコーナー』は酷い状況であった。


強めの日であるにも関わらず、『ジャグラー』
走ったのは我輩のみであった。


序盤から不安定なぶどうにう不安を覚え、普段は
“ぶどう100個”置きにデータを取る所、ぶどうを
50個づつに集める事にした。


上がったり、下がったりするぶどうに高設定では
ないだろうと思いながらも“一番狙いが強い台”
ある事と、“REG”を引けていたから続ける我輩で
あった。


激変する“マイホ”の状況に『悪戦苦闘』するも、
望みはあるのだろうか?


止めるにしてもしっかりと判別をしようと腰を
据えるのであった。

マイジャグラー2のスペック

マイジャグラー2パネル©北電子

ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/287.441/431.161/172.46
21/282.481/364.091/159.07
31/273.071/341.331/151.70
41/264.261/292.571/138.85
51/252.061/277.691/132.13
61/240.941/240.941/120.47
出玉率
設定チェリー狙いフル攻略
196.57%97.30%
299.01%99.67%
3101.16%101.82%
4104.32%104.99%
5107.14%107.65%
6111.58%112.31%
単独ボーナス確率
設定BIGREG
11/402.061/668.73
21/397.191/528.52
31/383.251/496.48
41/372.361/409.60
51/352.341/390.10
61/334.371/334.37
チェリー重複確率
設定角チェリー+BIG角チェリー+REG
11/1456.361/1213.63
21/1394.381/1170.29
31/1337.471/1092.27
41/1260.301/1024.00
51/1213.631/963.76
61/1170.291/862.32
設定中段チェリー+BIG
1~6各1/6553.6
小役確率
設定ぶどうチェリーリプレイ中段チェリーピエロベル
11/6.351/36.031/7.30各1/6553.601/1024.001/1024.00
21/6.301/35.95
31/6.251/34.69
41/6.231/33.51
51/6.181/33.40
61/6.071/33.23
単独チェリー確率
設定確率
11/38.10
2
31/36.82
41/35.62
5
6

*中段チェリーは別フラグ
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

一樹百穫実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
400個2505G1/6.261/5.11BB7RB131/125
500個3074G1/6.151/5.69BB9RB131/140
600個3739G1/6.231/6.65BB13RB151/134
700個4346G1/6.211/6.07BB16RB161/136

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


“ぶどう300個”1994Gで貯め、ボーナスは
“BB5RB9”、ボーナス合算“1/142”でぶどうは
“1/6.65”と、悪いだけでなく安定していなかった。


腰を据えてしっかりと判別しようと、試みた我輩は
“ぶどう50個”置きから“ぶどう100個”置き
『一樹百穫』に切り替える事にした。


そして、ここから流れが一気に変わるのである。


“ぶどう300個”までは“1/6.65”で動いていたのが
嘘のように揃い始め、“ぶどう100個”貯めるのに
511Gで貯め、2505G“ぶどう400個”を迎えた
のである。


ぶどうは一気に“1/6.26”まで上昇し、更にぶどう
だけでなく、ボーナスも『ジャグ連4連チャン』
絡め、“BB7RB13”でボーナス合算“1/125”まで
上げたのである。


こうなるとまだ、高設定の望みも出てくるでは
ないか。


そう、期待すると裏切られるのが世の常と言う
もの。


2918G回した所で全てのメダルが飲まれてしまう。


ボーナスは“BB7RB13”のままでボーナス合算は
“1/146”でぶどうは下がるどころか、470個
“1/6.21”まで上がっていた。


これならば“追加投資”も止むを得まい。


すると、わずか1本“BIG”を引き、更に6G
“BIG”を連チャンさせ、ここで“ぶどう500個”
3074Gで貯める。


ぶどうはなんと、“1/6.15”まで上がっていた。


『ジャグ連5連チャン!』

をカマし、“ぶどう600個”3739Gで貯め、
この時ぶどうは“1/6.23”


ボーナスは“BB13RB15”、ボーナス合算“1/134”
と言う数値に設定5は圏内。


しかし、相変わらず“ブレブレ”のぶどうに不安を
抱えながらも迎えた“ぶどう700個”4646G
ぶどうは“1/6.21”、ボーナスは“BB16RB16”
ボーナス合算“1/136”であった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
15277GRB
16109GRB
1749GRB2連
1846GRB3連
1964GBB4連
20160GBB
21478GBB追加1本
226GBB2連
23133GRB
2426GBB2連
2538GBB3連
264GBB4連
2732GRB5連
28436GBB
29212GBB
3038GRB2連
31263GBB
3227GBB2連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
800個5028G1/6.291/6.82BB19RB171/140
900個5709G1/6.341/6.81BB19RB191/150
1000個6224G1/6.221/5.15BB21RB201/152
1049個6600G1/6.291/7.67BB21RB201/161

ここまで打った感想としては設定5までは圏内だが
やはり、中間設定っぽい。


しかも、この日打っている台は角台と、中間設定
投入率が高い場所でもあった。


ここから台は停滞期を迎え、ぶどうも
落ちていく事に。


“ぶどう800個”を貯めるのに5028G掛かり、
ボーナスは“BB19RB17”


ぶどうは“1/6.29”まで下げ、ボーナス合算も
“1/140”に。


“ぶどう900個”を貯めるまでに“REG”2回しか
引けず、5709G“BB19RB19”、ボーナス合算は
“1/150”となり、ぶどうは“1/6.34”に。


やはり、序盤に感じた通り、ぶどうの“ブレ幅”
デカ過ぎると止め時を探りながら打ち続ける。


何とか、持ちメダルで“ぶどう1000個”6224G
貯め、ぶどうは“1/6.22”に上がるもボーナスは
“BB21RB20”のままでボーナス合算“1/152”


また、ぶどうは上がったがもう、良いだろう。


ちょうど、6600Gを回した所で最後の1枚
使い切り、実戦終了としたのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
33340GBB
34115GBB
35184GRB
36155GBB
37312GRB
38129GRB
39459GBB
4055GBB2連
41168GRB
42507G止め全飲まれ

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ 閉店時のデータ

実戦結果
総回転数6600G
総BIG21回(1/314.3)
総REG20回(1/330)
チェリー重複BIG5回(1/1320)
チェリー重複REG4回(1/1650)
単独&中段チェリーBIG16回(1/412.5)
単独REG16回(1/412.5)
ぶどう1049個(1/6.29)
単独チェリー195個(1/33.85)
ピエロ5個(1/1320)
ベル3個(1/2200)
総収支
総投資11本
総獲得メダル0枚
総差枚数▲550枚
総収支▲11,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率97.2%

総括

--sponsored link--

上のデータ表示器は我輩が止めた後の閉店時の
データである。


8247G“BB27RB23”、ボーナス合算“1/165”
言う結果であった。


『悪戦苦闘』しながらもあそこで引いて
まぁ、正解だったのだろうと言う結果である。


恐らくは中間設定のなせる技であろう。


もっと早く止められそうであるが、しっかりと
使っていない事を確認したかったので普段よりも
深めに追った次第。


いよいよ、“新たな役職者”の影響が本格的に
“厳しいもの”であると感じざるを得ない実戦と
なったのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
“マイホ”崩壊の危機か?と、心配された
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

マイジャグ2BAR揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--