設定狙いは何時までやるべきか?実戦記をもとに考察!(後編)

やあやあ、さむらいである。
連日、更新が遅れて申し訳ない。


昨日は気になる所での『後編』へ続くとなったが
お読み頂けただろうか?


『前編』では普段はあまり、お見せしない
“天井狙い”をしているさむらいをお届けした。


“設定狙い”“天井狙い”で抱えた
“負債投資額”“50本”


果たして、“総投資50本”は取り戻せるのか?
『後編』スタートである。


『前編』をお読み頂いてない門下生(読者様)
方はこちらから
設定狙いは何時までやるべきか?実戦記をもとに考察!(前編)

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日2016年7月4日
導入台数約20,000台
メーカー北電子
タイプノーマル
コイン保ち約35G

参考元天井狙い実践記様

設定BIGREG合算出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%
設定ぶどう確率
11/6.37
21/6.37
31/6.32
41/6.27
51/6.21
61/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2017年7月13日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百獲実戦データ

--sponsored link--

休憩後、戻ったのが“13時半”


この時、その

『ファンキージャグラー』

665G“BB2RB2”


投資は“2本”
“ぶどう”は悪いが初動から“REG先行”
動いており、続行。


“BIG”も後から付いてくるようになり、
“ぶどう”“良好”とほぼほぼ、“高設定”
確信し、“ぶどう900個”で数えるのを止め、
“閉店”までブン回したのであった。

一樹百獲実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個713G1/7.131/7.13BB2RB71/79
200個1253G1/6.271/5.60BB4RB91/96
300個1813G1/6.041/5.60BB7RB91/113
400個2503G1/6.261/6.90BB10RB101/125
500個3110G1/6.221/6.07BB15RB131/120
600個3660G1/6.101/5.50BB16RB131/126
700個4312G1/6.161/6.52BB20RB161/120
800個4888G1/6.111/5.76BB23RB171/122
900個5504G1/6.111/6.16BB30RB201/110

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!

設定狙いは何時までやるか?

--sponsored link--

さて、ここで“問題”なのが

『設定狙いは何時までやるか?』

である。


本機『ファンキージャグラー』“設定6”
“出玉率”“109%”である。


朝イチ、“10時”から“設定狙い”をし、終日回せる
回転数が9000Gとしたら“期待”出来る“獲得枚数”
“2430枚”であり、1G辺りの“期待値”
“1G=5.4円”となる。


1時間辺り回せる回転数を700Gとすると、

700G×5.4円=3,780円

1時間辺りの“時給3,780円”となる。


今回の“13時半”から回した場合、我輩は
“閉店チェック”がある為、“22時半”までと
すると、残り“9時間”である。


9時間×3,780円=34,020円


9時間で“34,020円”“期待値”を稼げるので
あれば“上等”であろう。


しかし、仕事終わりの“17時半”なら
どうだろうか?


残り、5時間で“設定6”を掴み、回したら
稼げる“期待値”“18,900円”である。


これが高いとするか、安いとするかは捉え方に
より、人それぞれであろうが良く、考えてほしい、

『それが設定6であれば』

である。


店に設置してあるほとんどの台は“低設定”
“運用”されており、“高設定台”は一握り。


この“事実”を忘れてはならない。


仮に“出玉率97%の設定1”を掴まされた場合、
計算式は“省略”するが、1G辺り、
“1G=▲1.8円”“損失”となる。


“判別”に3時間要したら“3,780円”の損失だ。


これは“設定6”の1時間分に“相当”する。


確実に“設定6”が使われている“状況”で、
“候補台”をある程度絞れている“状況”
なら攻めるのも一手。


しかし、現実はそうではない。


あまりにも悪い挙動ですぐに見切れれば良いが、
実際に“設定2~設定4”など“中間設定”
使っていたら、“判別”にもっと時間が掛かり、
“期待値”が積めていない、もしくは
“マイナス”を積み重ねていく、と言った
“状況”になるのである。


まとめると、

『負けるリスク』

朝イチからでも夕方からでも“同じ”なのである!


“設定6”を掴めた時の“恩恵”
朝イチから打った方が儲かるのは明白。


しかし、『負けるリスク』は昼過ぎから
“設定狙い”をした場合も夕方から狙った場合も
同じである為、残り時間を計算し、

『リスクと対価』

“狙える時間”と言うのは決めた方が良い。


我輩は余程の“高設定挙動の本命台”
夕方から空いたら攻める事もあるが、いくら
“設定6”が見つかっていない“状況”であり、
“第2候補”の台が665G“BB2RB2”
空き台であっても夕方から攻める事はない
のである。

総括

--sponsored link--

実戦データ
時間機種名投資回収差枚備考
10:00~マイジャグラー2500枚0枚▲500枚
11:55~スーパービンゴネオ100枚112枚+12枚
11:10~ミリオンゴッド凱旋850枚252枚▲598枚112枚移動
12:05~ミリオンゴッド凱旋1050枚308枚▲742枚252枚移動
13:30~ファンキージャグラー100枚+4607枚+4507308枚移動
総収支
総投資52本
総獲得メダル5279枚
総差枚数+2679枚
総収支+47,500ポイント(5.6枚交換)

いやはや、“中華丼”を食べている時は
総投資“50本”にげんなりしていたが、見事、
『ファンキージャグラー』“高設定”
“後ヅモ”する事に成功し、“逆転”する事が出来た。


しかし、このような“展開”に恵まれる事は稀で
あるし、遅い時間帯からの“設定狙い”は十分に

『リスクと対価』

を計算し、挑むよう心掛けてほしい所である。


我輩としては“15時以降”からの“設定狙い”
極力しないよう心掛けている。


今回は『ファンキージャグラー』での例で
あったが、『ニューアイムジャグラー』などの
“ロースペック機”では“期待”出来る“対価”
下がるので余計に“時間帯”などは考えるべき
である。


以上、さむらい流の考えを述べさせて頂いたが、
参考にして頂けたら幸いである。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
9時間で4600枚は出過ぎだぜ!と、言う
門下生(読者様)さむらい
応援クリックすべし!

ファンキー777
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--