功夫淑女テトラ実戦記!さむらい流ボーナス察知最速手順を公開!2択勝負の行く末は?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


更新が遅くなり、申し訳ない。


やっと、暖かくなり、東京では“桜の開花宣言”
されたかと、思ったら、このあいにくの雨である。


そして、急激にまた、寒くなってしまった。


日中は用事で出掛けておったのだが、外に出て
ビックリである。


なんと、雪が降っているではないかw


通りで寒いわけである。


門下生(読者様)の皆様方におかれましても
風邪など、ひかぬよう、体調管理には十分、
お気を付け下され。


さて、本日は昨日の続きとなる

『功夫淑女テトラ』

“実戦記”『後編』をお届けする。


『前編』では本機の打ち方などを綴っているので
まだ、お読みでない門下生(読者様)はこちらから
読み進められよ。

功夫淑女テトラ実戦記!初打ち実戦記の前にスペックや打ち方をさむらい流に徹底解説!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は桜月も19日の新台入替日。


この日の抽選結果としては決して、早い番号では
なかったが、入場すると、新台である

『功夫淑女テトラ』

2台とも、空き台ではないか!


どちらかは“当たり台”であろうと、2択の勝負を
挑む事に。


序盤は投資2本“初BIG”と、早い当たりを
見せるも出玉は飲まれ、追加投資の展開となるが、
ハマり抜けの“REG”から一気に

『5連チャン!』

と、巻き返しをはかる。


“ベル100個”889Gで貯め、この時、ボーナスは
“BB3RB5”、ボーナス合算は“1/111”と、
高設定を意識する展開であった。

功夫淑女テトラのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©山佐

機種情報
メーカー 山佐
導入日 2018年3月
初期導入台数 約3,000台
タイプ A+RT
コイン持ち 約36G/50枚
天井 なし
BIG 最大285枚+奥義RT15G
REG 最大117枚
ボーナス確率
設定 BIG REG 合算確率 出玉率 フル攻略
1 1/295.2 1/370.2 1/164.2 97.9% 100.6%
2 1/343.1 1/158.6 100.0% 103.0%
5 1/313.5 1/152.0 102.4% 105.5%
6 1/295.2 1/147.6 105.5% 108.7%

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

ボーナス察知最速手順

左上段BAR狙い

小冊子を見ると、中押し“1枚役奪取手順”
掲載されている。


“チャンス目=1枚役”と言う事なので、
取得した方が良さそうであるが、我輩は

『ボーナス察知最速手順』

をお薦めする。


“ボーナス察知最速手順”はビタ押しを必要とする
が、“青七頭BIG”“REG”は成立ゲームで
揃える事が出来る。


手順としては予告音発生時に左リールにBAR絵柄
ビタ押しし、青七4コマ滑って来たら、
右リール下段にBAR絵柄ビタ押しをすると
言うもの。


“REG成立時”は下段にBAR絵柄ビタ止まりし、
“青七BIG時”4コマ滑って上段にテンパイする
のでそれぞれ、そのまま揃えるだけ。


左リールが4コマ滑ってきた時点で
“リプレイor青頭ボーナス”となる。


BAR絵柄が上段にビタ止まりした時点で
“チャンス目orチーパオBIG”となる。


次ゲームで“チーパオBIG”をフォローすれば
完璧である。


我輩は強めのパンダ師匠演出時のみ、狙っていた。


本機は予告音発生時以外にもチャンス目が出現する
為、毎ゲーム“1枚役奪取手順”を行い、全ての
1枚役を取得せねば、効果がなく、恐ろしく
時間効率が悪くなってしまう。


“ボーナス察知最速手順”であれば、ボーナスを
最速で揃える事が出来、時間効率もかなり、
良い為、効率を考えた場合の“お薦め手順”である。

一樹百穫

--sponsored link--
一樹百穫実戦値
ひょうたん個数 ゲーム数 ひょうたん合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 889G 1/8.89 1/8.89 BB3RB5 1/111
200個 1629G 1/8.15 1/7.40 BB7RB7 1/116
300個 2281G 1/7.60 1/6.52 BB10RB7 1/134
400個 3057G 1/7.64 1/7.76 BB12RB7 1/161
412個 3168G 1/7.69 1/9.25 BB12RB7 1/167

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


本機の設定は4段階“BIG”は一律、“1/295.2”と、
設定差が無い為、“REG”小役確率で設定差を
設けているのは明らか。


また、フル攻略と、発表値とでは大きく数値が
変わってくる為、“技術介入度”が高い事を
意味する。


完全フル攻略では出玉率も100%を越えるらしい。


技術介入と、言っても通常時はスイカチェリー
カバーし、最速でボーナスを揃え、ボーナス中は
最大手順を踏み、RT『試練』時に右リールに
チーパオを目押しするだけ。


これだけで良いのだw


そう考えると、本機は甘い部類に入るだろう。


ここまで、総投資は7本“ぶどう100個”889G
貯め、“BB3RB5”、ボーナス合算“1/111”と、
高設定を意識する展開であった。


そうとあれば、“ブン回す”のみ、と上記、

『ボーナス察知最速手順』

で回していく。


通常時は“BAR狙いの小役奪取手順”で行い、
予告音発生時のみ、“ボーナス察知最速手順”
行うと言う、打ち方で時間効率は飛躍的に
上がるが、恐ろしくつまらない。


何という、“お粗末な作り”であろうか?


BAR上段ビタ止まり時1枚役も作れば
“青頭ボーナス”の可能性も残り、演出も
楽しめるのであるが。


序盤が悪過ぎたのか、ベル(ひょうたん)
ジワジワと、上がって行く展開。


“ベル200個”1629Gで貯め、“BB7RB7”
ボーナス合算“1/116”


2281G“ベル300個”を貯めた時は“BB10RB7”
ボーナス合算“1/134”


この辺まではまだ、高設定を疑わないのであるが、
ここから様子が変わっていく。


回せども“REG”が全く引けず、合算はどんどん
と、落ちていく。


同じように良台挙動をしていた隣の台が
“REG先行”の展開となり、2択をスカした事を
認めざるを得ない状況に。


途中615Gハマりを食らい、出玉を削られながらも
“ベル400個”までは数えたが、もう良いでしょ、と
マイナスになる前に撤収したのであった。


以下は“実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
9 56G RB 4連
10 81G BB 5連
11 146G BB
12 230G RB
13 105G BB
14 131G BB
15 50G BB 2連
16 414G BB
17 97G BB 2連
18 615G BB
19 57G BB 2連
20 313G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

実戦結果
総回転数 3168G
総BIG 12回(1/264)
総REG 7回(1/452.6)
ひょうたん 412個(1/7.69)
チェリー 98個(1/32.33)
スイカ 85個(1/37.27)
総収支
総投資 7本
総獲得メダル 538枚
総差枚数 +188枚
総収支 +2,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 102.0%

総括

--sponsored link--

この時、『エウレカセブンAO』の天井まで残り
40Gと言う、“お宝台”を見つけ、即移動したので
あったw


“実戦データ”が中途半端なのはその為である。


打った感想としては、RT『奥義』15Gと言う
のはまだ良いとしても、継続しても7Gと言う、
何の感動も持てない中途半端な作りに驚いている。


続いても終わっても『あっそ』ぐらいなもん。


そして、上でも言っているが、リール制御も
お粗末な仕上がり。


正直、“6号機”へ移行するバタバタしている状況で
保通協に適合出来た、本命ではないスペックの台を
無理矢理、販売させた感が満載な作りとなっている。


ただ、“4号機時代”『功夫烈伝』を打っていた方
には懐かしい演出を楽しむ事が出来るだろう。


恐らく、一通りボーナスを引いたらお腹いっぱいに
なるとは思うが。


総じて辛口評価となってしまったが、山佐には
今後、出てくる“6号機”に期待したい所である。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
見かけたら打ってみるぜ!と言う、
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. 小虎 より:

    おつかれさまです。

    毎回新台をいち早く更新してくれてとても勉強になります。
    携帯で調べるよりサムライさんの方が分かりやすく助かります。

    4月に番長Aも出ると聞いてとてもワクワクしています。
    いち早く解析の更新をお願いします。笑

    • さむらい より:

      やあやあ、小虎殿、コメント感謝である。

      全ての新台ではなく、たまたま打てた時のみではあるが、そう言って頂けると嬉しく思う。

      『番長A』は我輩も注目しており、打てそうなら積極的に攻めたと思っている。

      打てた暁には最速で記事にするので楽しみにしていてほしい。

  2. フィーズ より:

    5号機当初のヤマサは良台出してたから、
    5.9~6号機に期待してたんですけどねぇ、、、

    糞台でござったかw

    • さむらい より:

      やあやあ、フィーズ殿、コメント感謝である。

      “5.9号機”の期間が短すぎた為、開発が大変であったのは致し方ない所であろう。

      普段はお蔵入りするような機種を売ってしまった事が残念である。

      どうせ、“BIG285枚”と、中途半端な枚数にするのであれば、作り込んで“6号機”で出しなおせば良かったのに、と。