Aタイプ専門のさむらいが『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』を新装初日から打つ!その結果は?

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


昨日から『facebookページ』に登録し、

記事を更新したら自動で投稿される設定をしていたが、
上手く連動しなかったのである。


はてさて、どうしたものか。


本日の投稿でも上手く出来なかったらしばし、
連携解除も否めないのである。

新台入替

--sponsored link--

広告規制が始まり、イベントが打てなくなってから早、
5年の月日が経った。


らしいw


早いものである。


イベントが打てなくなり、
ホールが広告を打つ事が出来るのは新装開店
いわゆる『新台入替』時のみである。


ホールとしては唯一の集客ツールである為、
昔のように、『新台入替』に力を入れるホールは
増えたのではなかろうか?


マイホも例に漏れず、『新台入替』には力を入れる法人であった。


新台のみならず、我輩の主戦場である

『ジャグラーコーナー』

にも設定が見込める日である。


強い日、弱い日はあれど、普段よりは強気で攻めれる!
位である。


そんな中、3月では一番強いであろう新台

『アナザーゴッドポセイドン』

が導入される日の話しであった。

苦手な抽選結果は?

くじ引き

時は3月21日


恐らく、今月で一番強いであろう『新台入替』である。


それもそのはず、多くの企業の決算期でもある。
大手メーカーも主力機種を投じるのが定石であろう。


例に漏れず、ユニバからは
『アナザーゴッドポセイドン』


サミーからは
『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』
が導入される。


また、マイホは『アナザーゴッドポセイドン』にあやかり、
『ミリオンゴッド神々の凱旋』
『アナザーゴッドハーデス』もそれぞれ、
増台する気合の入れっぷりであった。


そんな中、

『石橋を叩いて渡る』

ぐらい、慎重で固い我輩の選択するのは

『ジャグラー』

である、普段なら。


しかし、この日は状況が違っていた。


前日の用事ごとから、閉店チェックが出来ておらず、
狙い台が定まっていない。


これは死活問題で早番を引いた所で
意味があまりない状況であった。


それならば、普段は間違いなく攻めぬが出率の高い、
いくらか期待が出来そうな
『ミリオンゴッド神々の凱旋』
もしくは、
『アナザーゴッドハーデス』
の設定狙いを考えていた。


いざ、抽選である。


引いた番号はいつも通りというか

『26番』

と、真ん中よりで微妙な位置であった。

いざ、開店!

--sponsored link--

先頭集団はマイホの代表する専業軍団3組がひしめきあっていた。


ほとんどが『凱旋』『ハーデス』『ポセイドン』
『ジャグラー』に走る者もごく一部であった。


ん?これはまさか、

『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』

なら、打てるのでは?という状況にw


案の定、専業軍団は『GODシリーズ』に走り、
『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』
の先客は一般客一人だけであった。


台は選べる状況であったので新台時に入りやすい台をキープした。
それでも2択といったところではあったが。

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIGの主なスペック

攻殻機動隊2nd GIG

開店前から急遽、勉強した。


その当時、わかった事と設定判別に
必要だと思った事だけを列挙しよう。

▼攻殻機動隊2ndの主なスペック▼
設定6の出玉率は111.8%
共通ベル(中段ベル)に設定差があり、
要カウント。
また、この共通ベル(中段ベル)からの直撃ARTにも設定差がありそう。
例の如く、サミートロフィー採用。
レインボートロフィーで設定6濃厚。
天井はボーナスART間900GでART突入。
設定変更後は500Gに短縮。

解析参考引用元天井狙い実践記様『攻殻機動隊2nd スロット新台|天井・スペック・設定判別・フリーズ・評価・解析まとめ』
細かいスペックが気になる方はこちらを参照すべし!

いざ実践!

攻殻機動隊2nd

Aタイプ以外の新台を初日から打つ事など珍しい事なのだが
ぶろぐのネタにもなるしと、『エヴァ勝利』の時と同じような事を考えていたw


エヴァの実戦記が気になる門下生(読者様)はこちらから


>>エヴァンゲリオン 勝利への願い 推定設定6の挙動とは?実戦結果を公開!(前編)*3/2追記有り


>>エヴァンゲリオン 勝利への願い 推定設定6の挙動とは?実戦結果を公開!(後編)*3/2追記有り


『攻殻機動隊』は原作アニメも見ており、
個人的にも思い入れがある。


たちこま『さよならバトーさん』には不覚にも涙した記憶すらあるw


そんな思い出を振り返りながら打ち始めるも
初当たりは遅めの投資13本からのREG


各キャラクター紹介がなされた、だけか。


高確、前兆っぽい演出を経由するもハズレ。


そもそも、弱チェリーすらたまに揃う位で
期待出来ない小役なのはわかるがちょこちょことした
前兆っぽい演出から連続演出に。


たちこまが口からミサイルが発射されるも大幅に外れる連続演出。
これを通常時に永遠と繰り返していた。


やっとこ引いたチャンス目で“REG”


クレジットが満タンになるかどうか位の出玉。
もちろん、何事もなく飲まれ、
追加投資19本目にまたも“REG”


各キャラクターが紹介され、ちょっとした前兆っぽいステージから連続演習に発展し、
外れる。

『うむ ( ▔•з•▔ )』

素子が屋上にたたずむ姿を拝め、
メダルが無くなった所で通常ステージに。

結果

--sponsored link--
実戦結果
総回転数 600Gほど
総BIG 0回
総REG 2回(1/300ほど)
共通ベル 2個(1/300ほど)
BB及びART 0回
むしろチャンスゾーン 0回
総投資 19本
回収 0枚

止め!

『ん?で、あるが?w』


いやはや、2万近く使って何も起きず。


チャンスゾーンすら入らず。


そもそも、その抽選契機すらわからず、全然来ず。


設定があったかどうかもわからぬが
あまりのつまらなさに追い金する気が失せた。


期待感0。


高設定ならいくばくかの楽しみも持てそうではある。
コンテンツが『攻殻機動隊』なのだから尚更である。


しかし、低設定域での期待の持てなさが酷過ぎる


これが大手サミーが決算期という勝負所に投入する機種か、と。


このままでは5.9号機はいよいよ末期であると感じざるを得ない。


9月以降は『ジャグラー』の時代であろう。


しかし、止める理由はもう一つあった。
それは

『この台よりも優先すべき台が有ったから』

である。


この続きはこちらで綴るとしよう。

Aタイプ専門のさむらいが『ミリオンゴッド~神々凱旋~』を設定狙い!その結果は?(前編)


本日はこれにて御免!


ランキングに参加中である!当記事が参考になったという方は各ランキングサイトでさむらいのランキングをチェック

--sponsored link--
広告336×280