ファンキージャグラー実戦記!これって設定いくつ?どこで低設定と判断すべきか?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


7月の“月間アクセス”の目標に

『20万PV』

と、掲げ、更新していたが、結果は

『15万PV』

に留まった。


8月こそは『20万PV』をと考えていたが
結果が出たので発表させて頂こう。


8月アクセス

『252,953PV』

と言う、結果となった!w


これは、“ページビューの数”であり、“訪問者数”
ではない。


実際の訪問者数は

『67,815人』

程でこの内の“33.8%”が新規ユーザーである。


と、言う事は残りの“66.2%”の方々はリピーター
であり、さむらい流の門下生(読者様)である
と言う事になる。


その数、

『44,894名』

と言う驚愕の人数w


いやはや、こんなにも門下生(読者様)が居て
くれたのかと、改めて門下生(読者様)の皆様には
大変、感謝である。


正直、これ以上伸びる気はしないのであるが現在、
見に来てくださる門下生(読者様)の皆様に
飽きられないよう、精進して参るので今後とも、
宜しくお願い申す。


そんなわけで今月9月の目標は

『30万PV』

としておこう!


さて、本日は『やめ時』をテーマとして、どこで

『低設定であると、見切るか?』

と、いった“実戦記”『後編』をお届けしよう。


まだ、『前編』をおよみでない門下生(読者様)
こちらから
ファンキージャグラー実戦記!これって設定いくつ?どこで低設定と判断すべきか?(前編)

前編までの流れ

--sponsored link--

時はまだまだ、お盆真っ只中。


前日に“当たり台”であろう台を終日勝負した翌日。


“お盆でも攻められる状況なのか?”検証した
“実戦記”はこちらから
ファンキージャグラー実戦記!お盆営業の真っ只中で設定狙い!果たして、高設定は使っているのか?徹底検証!(前編)


同じく、『ファンキージャグラー』の狙い台に的を
絞り実戦。


1台目は初動が悪く、投資“5本”で見切り、2台目へ。


2台目の“ぶどう”は良かったが“初BIG”までに投資
“16本”掛かり、どうなる事かと思っていた矢先、
“怒涛のジャグ連13連チャン”をかまし、一気に
出玉を作り、今日も“当たり台”GETか?と、
期待した我輩であったが“安定しないぶどう”
イラ立ちを覚えていた。


以下は前半の『一樹百穫』ならぬ『一樹五十穫』
データである。

一樹五十穫前半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 50個毎の確率 BR BR合算確率
50個 304G 1/6.08 1/6.08 BB0RB1 1/304
100個 605G 1/6.05 1/6.02 BB0RB1 1/605
150個 929G 1/6.19 1/6.48 BB3RB2 1/186
200個 1316G 1/6.58 1/7.74 BB9RB5 1/94

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G

参考元天井狙い実践記様

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2017年9月1日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫後半戦

--sponsored link--
実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
15 130G BB
16 39G BB 2連
17 31G BB 3連
18 386G BB
19 238G BB
20 210G BB
21 286G BB
22 258G RB
23 100G 止め

開幕は調子良く動き、“1/6.08”だった“ぶどう”
“200個”を数える頃には“1/6.58”まで下がって
しまう。


このように“ぶどうのブレ幅”が大きい台と言うのを
我輩は嫌い、大方、こういう挙動の台は
“低設定の上ブレ”で良く起こりがちである、と。


その為、その“ぶどうのブレ幅”を監視し、
“設定判別”に活かそうと言うのが

『一樹百穫』

の趣旨であり、目的である。


早い“BIG3連チャン”で出玉を伸ばすも光れども
光れども“BIG”


本来であればこのような展開の合間に“REG”
挟むのが“高設定”の挙動であるが一切、引けず。


またも、気に入らないのが一気に上がる“ぶどう”
である。


“200個”の時には“1/6.58”まで下がっていた
“ぶどう”であるが、“300個”の時には“1/6.28”まで
上がり、更には“400個”の時点で“1/6.05”まで
急激に上がったのである。


『”UPDOWN”が激し過ぎw』


これは結果、回しても“ぶどう”が落ちて終わる
パターンであろうと、“容易に想像出来る展開”
であった。


何より、“REG”が重すぎる。


“ぶどう確率”が明確に出ていない本機
『ファンキージャグラー』において優先すべきは
やはり、“REG確率”である。


案の定、久々に引いた“REG”100G回した所で
“ぶどう”を見てみたら一気に“1/6.28”まで下がって
いたのである。

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
300個 1883G 1/6.28 1/5.67 BB12RB5 1/111
400個 2421G 1/6.05 1/5.38 BB15RB5 1/121
476個 2987G 1/6.28 1/7.74 BB16RB6 1/136

実戦結果

ファンキーデータ引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

このタイミングが“止めるベストタイミング”
あったのかはわからぬが、我輩は2987G
“BB16RB6”の所で身を引いたのであった。


止めた最大の理由は“REG”が引けていない事。


およそ3000G回して“REG確率”
“1/500”ほど。


仮に“設定5”“REG確率”である“1/302”で計算
しても“6回しか引けない確率”はおよそ、
15回に1回ほど。


“設定5”を毎日3000G回して15日に1日ぐらいなら
そのような展開になると言う事である。


そこに来てこの“安定しないぶどう”である。


“1/6.28”ぐらいであればまだ、勝負になる数値
ではあるが、この時に粘っても結果、良くても
“中間設定”にしかならないであろうと、判断し、
止めたのであった。

実戦結果
総回転数 2987G
総BIG 16回(1/186.7)
総REG 6回(1/497.8)
ぶどう 476個(1/6.28)
単独チェリー 92個(1/32.47)
ピエロ 1個(1/2987)
ベル 3個(1/995.7)
総収支
総投資 16本
総獲得メダル 2248枚
総差枚数 1448枚
総収支 24,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 116.2%

総括

--sponsored link--

“設定判別”と言うのはあくまで、
“推測の域を越えない”ものである。


“高設定”であったか、“低設定”であったのかは
確認のしようがないし、“高設定”を捨ててしまう
事もあるだろう。


しかし、“多くの経験”や上の“設定推測ツール”など
を活用し、リスク回避する事は可能であると
考える。


閉店時、データを取りに確認したがこの台はその後
伸びる事はなく、やはり、“止めて正解”であった
と思われる。


しかし、この日の“当たり台”は我輩が最初に
投資“5本”で見切った台であったw


いやはや、勝つには勝ったが“手厳しい結果”
なった実戦である。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『25万PV』は凄いね!今後も応援するぜ!
と言う、門下生(読者様)さむらい
“▼応援クリック▼”すべし!

--sponsored link--
広告336×280