ファンキージャグラー実戦記!これって設定いくつ?どこで低設定と判断すべきか?(前編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


お気付きの方もいるかも知れないが

『カテゴリー』

分けを更に細かくし、“機種毎”で分けられるよう
にした。


例えば、『マイジャグラー2』“実戦記”を見たい
となれば『マイジャグ系』と言う“カテゴリー”
属しているのでそれをクリックして頂ければ過去の
『マイジャグ系』の記事が一覧となって出て
来るようにした。


過去の記事を1つ1つ、手作業で行っていた為、
時間は掛かってしまったがなんとか、出来たので
ご報告する。


“一括で変更を行う方法”もあったのだが、また、
不具合が出てしまっては我輩だけではどうにも
“対応出来ない”ので時間が掛かってしまった
次第であるw


さて、本日は『やめ時』をテーマとして、どこで

『低設定であると、見切るか?』

と、いった“実戦記”をお届けしよう。

台選び

--sponsored link--

時はまだまだ、お盆真っ只中。


先日、“お盆でも攻められる状況なのか?”実戦を
行った翌日である。


“お盆でも攻められる状況なのか?”検証した
“実戦記”はこちらから
ファンキージャグラー実戦記!お盆営業の真っ只中で設定狙い!果たして、高設定は使っているのか?徹底検証!(前編)


全体的に“設定6”ではないが“当たり台”は使って
くれていそうなので“設定狙い”を試みた時の
実戦である。


我輩が打った台の履歴以外は“これ”といった特段、
強い履歴はなく、他の機種は島に“当たり台”
埋もれてしまっている可能性も考えたらまた、

『ファンキージャグラー』

が無難であると、選択。


しかしながら、“本日の狙い台”はいささか、
“設定上げ狙い”としては候補に上がる台が多い。


優先順位を付けるのには少々、“難しい状況”
あった。


とりあえずは“第1候補”に身を置き、回し出すも
すこぶる、初動が悪い。


投資は“5本”158G“ぶどうが21個”


普段なら“ぶどう100個”は数える所であるのだが、
早めの見切り。


もう1台の“気になる候補台”へ移動する。


理由は“ライバルがいない事”


また、“2択ないし、3択”であった為、
初動が良い台を粘ろうとの考えから。


次の候補台は“ぶどう”が良く、粘るならこちらから
にしようと腰を据える事にしたのであった。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G

参考元天井狙い実践記様

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2017年8月30日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

序盤

--sponsored link--

移動した2台目。


初当たりは投資“6本”195G“REG”


敢えなく、飲まれ追加投資。


“ぶどう50個”304Gで迎えるもちと、
“ボーナス”が重い。


そんな不安が的中し、次の“ボーナス”が引けない
まま、“ぶどう100個”を迎え、その時605G


“ぶどう”を信じ、回していると追加投資“10本”
484Gで念願の“初BIG”を迎えた。


しかし、序盤の“ボーナス”が引けない展開に不安を
感じ、いつもは“100個単位”で数える“ぶどう”
“50個単位”で記憶を取る事にしたのであった。


『一樹百穫』ならぬ『一樹五十穫』であるw

一樹五十穫前半

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村へ©北電子 BAR揃い!

一樹五十穫前半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 50個毎の確率 BR BR合算確率
50個 304G 1/6.08 1/6.08 BB0RB1 1/304
100個 605G 1/6.05 1/6.02 BB0RB1 1/605
150個 929G 1/6.19 1/6.48 BB3RB2 1/186
200個 1316G 1/6.58 1/7.74 BB9RB5 1/94

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 195G RB
2 484G BB
3 48G RB 2連
4 97G BB 3連
5 95G BB 4連
6 15G RB 5連
7 87G RB 6連
8 46G BB 7連
9 35G BB 8連
10 47G BB 9連
11 33G BB 10連
12 94G BB 11連
13 21G RB 12連
14 12G BB 13連

序盤の不安を抱えた展開を他所に、“初BIG”から
怒涛の“ジャグ連13連チャン”をかます。


しかし、最初は良かった“ぶどう”も気付けば
“200個”を数える頃には“1/6.58”まで下がって
いた。


“ジャグ連”で多くのメダルを獲得したわけだが、
この“ぶどうの下がり方”は気に入らぬ。


だが、“ボーナス”が引けている時と言うのは、
“ぶどう”が重く動く傾向にあるのは“承知の事実”


その後の“展開次第”では止める事も視野になると
考えていた。

総括

--sponsored link--

“ボーナス”の連打で一気にメダルを増やすも最初に
感じた不安は拭えたのか?と言われれば“否”


この“安定せぬぶどう”と引けてしまった感のある
“BIG”は少々、気になる所。


今後の動向しだいではいかようにでもなると
油断出来ぬ状況であった。


後編に続く。。。
ファンキージャグラー実戦記!これって設定いくつ?どこで低設定と判断すべきか?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『ファンキー』“BIG”は信用ならないぜ!
と、思われている門下生(読者様)
さむらい“▼応援クリック▼”すべし!

--sponsored link--
広告336×280
アクセスランキング