ファンキージャグラー実戦記!ボーナス合算1/125でも止めた理由とは?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


前回の『ジャグラー実戦記』でいつもと異なり、
当たり方から当選フラグまで細かく、“実戦データ”
に記載した所、思いの外、好評を頂いたのである。


普段は流し見されて誰も気にも止めないと思って
いたのだが、マニアックな門下生(読者様)
居てくれて何よりw


我輩もやり甲斐があると言うもの。


今回も同様に詳細を記載しているので気にして
見て頂けたら幸いである。


と言うわけで、本日は昨日の続きとなる

『ファンキージャグラー』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

ファンキージャグラー実戦記!ぶどうを数えずに周りのベースを把握する技を伝授!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は皆月は初めの頃。

“マイホ”煽りが弱い事からそれならばと、
系列店“煽り機種”である

『ファンキージャグラー』

を打ちに訪れた。


“マイホ”とは異なり、特別狙い台が絞れるわけでは
ないのでとりあえず、島で1番当たっていない
凹み台の上げ狙い。


打ち進めていく内にぶどうはどんどんと、
悪くなる中、

『ジャグ連10連チャン!』

と言う猛爆をカマす!


2750G“ぶどう400個”を迎えた時、ボーナスは
“BB13RB11”、合算“1/115”であったが、肝心の
ぶどう“1/6.88”と言う、悲惨な数値であった。


ボーナスが落ちたら即刻、止めるつもりでいたが、
果たして。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2018年6月13日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログへ

一樹百穫中盤実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
500個 3348G 1/6.70 1/5.98 BB18RB11 1/115
600個 4041G 1/6.74 1/6.93 BB23RB15 1/106
700個 4578G 1/6.54 1/5.37 BB27RB18 1/102

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


ぶっちゃけて言うと我輩は今、打っているこの台を

『高設定だと思っていない』

ので、いつ止めようか?と、“止め時”を模索
しながら続けていた。


ここまでに3000G近く回してぶどう“1/6.88”と、
すこぶる悪い台を閉店まで回し、ぶどうも上がって
高設定であったと、なった実戦は過去にもあまり、
記憶にないのである。


だが、ここまで当たっている台をぶどうが悪いから
と言う理由だけで止めはしない。


重要なのは“どこで見切るか?”と言うもの。


このまま粘り、閉店まで回したらボーナスも維持し
ぶどう“1/6.18”になったら今回が初めての経験
として我輩もレベルアップ出来るだろう。


だが、設定6でもボーナス合算は“1/126”であり、
現状をキープするのは難しいのはわかっている。


そう考えて打ち進めていると早速、ハマり
“ストレート800Gハマり”となり、

『BIG間858Gハマり』

を食らってしまう。


何もここまで一気に合算を下げなくても良いのにと
思いながらも、いずれ来るであろう“止め時”
模索する。


だが、ハマった反動からか、そこから

『ジャグ連5連チャン!』

と言う、意地を見せる。


節目の“ぶどう500個”3348Gで迎え、ボーナスは
“BB18RB11”、合算“1/118”であった。


ぶどう“1/6.70”まで上がってくれたが、
まだまだ、粘れる数値ではない。


ボーナス合算が下がればいつでも止めてやるぞ!
と、打ち進めると、409Gハマって

『ジャグ連4連チャン』

をカマし、更に183Gで引いた“BIG”を皮切りに

『ジャグ連6連チャン!』

を炸裂させ、合算が下がる所か上がってしまい、
4041G“ぶどう600個”を迎えた時には、ぶどう
“1/6.74”と、また下げていたが、ボーナスは
“BB23RB15”となり、合算は“1/106”まで上がる。


周りは我輩の台が“当たり台”と踏んだのか、
どんどん止めて行ってしまう。


そこは“REG”も引けているし、ベース計算しても
ぶどう“1/6.0”で推移しているのだから打てよ!
と、言う台でも“一般のお客人”は止めてしまう。


だが、このままこのボーナス合算が続くわけないと
思っていた我輩であったが、“ぶどう700個”
4578Gで迎えた時、再度

『ジャグ連5連チャン!』

をカマし、ボーナス合算は“1/102”にまで
上昇していたのであった。


以下は“中盤戦の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
25 800G 単独BB BIG間858Gハマり
26 70G チェリーBB 2連
27 82G 先光り単独BB 3連
28 31G 単独BB 4連
29 52G 単独BB 5連
30 409G チェリーBB
31 26G 飛び込み単独BB 2連
32 79G 先光り単独RB 3連
33 39G チェリーRB 4連
34 183G 単独BB
35 38G 先光り単独チェリーBB 2連
36 6G 飛び込み単独RB 3連
37 16G 飛び込み単独BB 4連
38 25G 飛び込み単独RB 5連
39 89G 単独BB 6連
40 105G 先光り単独BB
41 102G チェリーRB
42 32G 単独BB 2連
43 20G 飛び込み単独RB 3連
44 17G 単独BB 4連
45 48G 飛び込みチェリーRB 5連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--
一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
800個 5138G 1/6.42 1/5.60 BB27RB19 1/112
900個 5801G 1/6.45 1/6.63 BB28RB19 1/123
1000個 6504G 1/6.50 1/7.03 BB33RB20 1/123
1019個 6616G 1/6.49 1/5.89 BB33RB20 1/125

“ぶどう700個”4578Gで迎え、ぶどう
“1/6.54”まで一気に上がってくれた。


ぶどうに設定差がある場合、高設定4578G
“1/6.54”で推移する時と、低設定が同じ“1/6.54”
で推移する場合とでは、安定度が異なってくる。


いわゆる、『一樹百穫』で我輩が提唱している
“ぶどうのブレ幅”と言うものが、結果は同じでも、
安定度“アップダウン”が違うと言う事。


過去には終日勝負した『ファンキー』で、高設定
だろうけど最後までぶどう“1/6.50”と言う実戦は
経験している。


だが、ここまで“ぶどうのブレ幅”が大きく、
“アップダウン”してはいなかったのである。


これはぶどうだけでなく、ボーナスにもきっと、
出てくるだろうと、思っていると

『ストレート598Gハマり』

“REG”と言うハマりを食らい、ここで5138G
“ぶどう800個”を迎える。


ボーナスは引けなかったが、ここでもぶどう
急上昇し、“1/6.42”まで上がっていた。


だが、“ぶどう100個”貯めるまでに引けた
ボーナスは“REG”1回のみで合算は“1/112”に。


結局、このハマり

『BIG間869Gハマり』

で抜け、念願の“BIG”を引く。


だが、ハマりは抜けたわけではなく更に

『ストレート868Gハマり』

を食らっていた。


次の“ぶどう900個”までに“BIG”1回しか引けず、
迎えたのは5801Gぶどう“1/6.45”であった。


先程も言ったようにぶどう“アップダウン”のみ
ならず、ボーナスの“アップダウン”もここまで
激しいとなると、ここは低設定ではないかも
知れないが、中間設定の為せる業ではないか?
と言う確信に近いものがあった。


しかし、ここまで続けられたのも何かの縁であると
“ぶどう1000個”まで数える事を決め、ぶどう
現在の“1/6.45”よりも上がるようなら続行とし、
“1/6.45”よりも下がるようならキリが良い所で
止める事に。


結果的に“ぶどう1000個”までに

『ジャグ連4連チャン』

と、減らしたメダルが幾らか戻ってきた。


6504G“ぶどう1000個”を迎え、ぶどう“1/6.50”
と、下がったのでこれまでの縁であったと台を後に
したのであった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
46 598G チェリーRB
47 223G 先光り単独BB BIG間869Gハマり
48 868G 単独チェリーBB
49 17G 単独BB 2連
50 196G 先光り単独BB
51 14G 飛び込み単独RB 2連
52 99G 先光り単独BB 3連
53 45G 先光りチェリーBB 4連
54 153G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
削り分+8G

実戦結果
総回転数 6616G
総BIG 33回(1/200.5)
総REG 20回(1/330.8)
チェリー重複BIG 7回(1/945.1)
チェリー重複REG 6回(1/1102.7)
単独チェリーBIG 4回(1/1654)
単独BIG 22回(1/300.7)
単独REG 14回(1/472.6)
ぶどう 1019個(1/6.49)
単独チェリー 194個(1/34.10)
ピエロ 5個(1/1323.2)
ベル 11個(1/601.5)
総収支
総投資 5本
総獲得メダル 3,224枚
総差枚数 +2,974枚
総収支 +52,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 115%

総括

--sponsored link--

我輩は20:00頃、撤収したのだが、閉店時には
7996Gでボーナスは“BB42RB24”、合算“1/121”
と言う結果になっていた。


後任者は1380G“BB9RB4”を当てたので高設定
だと、思って打っていた事だろう。


実際に高設定であったかも知れないし、そうでは
ないかも知れない。


これが“マイホ”狙い台に揺るぎない自信があれば
閉店まで打ち続けていただろう。


だが、我輩のこの台の判断は

『中間設定のまぐれ吹き』

と判断しての止めであり、全く、後悔はないので
安心してほしい。


止めた理由はぶどう“ボーナスのブレ幅”
“REG”が落ちた事と、何より系列店であり、
“狙い台が絞れていない事”が理由である。


後半の2038Gで引けた“REG”2回のみであった。


我輩はどれだけ低設定を打たずに高設定を打ち続け
“高設定比率”をどれだけ上げられるか?と言う、
積み重ねで勝っており、この持論を今後も
推し進めるのである。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
止めるとは思わなかったけど、“タメ”になったぜ!
と言う、門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. ヒロ☆777 より:

    最終データを見ると、バーが高設定と言うには
    いささか物足りないですね。

    ブドウ出現率は、自分は100ゲームラップで
    昔から採っているのですが、
    100ゲームで20回以上ブドウが落ちていた台が
    100ゲームで10回以下しか落ちなくなる期間が
    長くなる事も多々ありました。
    おっしゃる通り、高設定の場合って
    ブドウ出現率の上下動があまりなくて
    安定した挙動だった記憶があります。

    逆に、中間以下の場合は、
    それまで良かったボーナスとブドウが
    同時に落ちていくイメージですね。

    今回の見切りは、凄く納得できました。

    • さむらい より:

      やあやあ、ヒロ☆777殿、コメント感謝である。

      1つの基準をベースにぶどうのデータを取ると言うのは『一樹百穫』と同じ考えであり、“ぶどう100個置き”でも“100G置き”でも“1000G置き”でも良いのである。

      どこで止めるかは“ノーマルタイプ”において永遠のテーマであり、明確な正解はないのでどれだけ“精度の高い物差しを持つか”が重要であると考えている。

  2. フィーズ より:

    自分も侍殿のブログを読んで、
    ブドウの『下ブレ』に注目する様になりましたw

    • さむらい より:

      やあやあ、フィーズ殿、コメント感謝である。

      我輩は誰かに教わったわけではなく、自身で打ち尽くした結果の経験を皆様にお伝えしている。

      その結果、フィーズ殿に多少なりとも影響を与える事が出来た事を誇りに思う。

      ブログを始めて良かったなとw

  3. 5 より:

    さむらいさんこんばんは(^o^)

    中押しの件、回答ありがとうございます✨ これで安心して中押しできます笑 今日は過去記事を参考にして、先光りからの中リール中段7ビタでチェリー取れました! 負けましたけど笑

    前にチェーン店で上げ狙いでファンキーを打った時、2本で初当りからのビッグばかりペカりまくって4200枚出た時がありました。ぶどうも重複もバーも、一向に良くならない為途中で止めましたけど、その後更に腐り続けていました。一応ぶどう数えておいて良かったなーという実践でしたね(^-^)

    近隣でファンキーのこれぞ6みたいな台を見たことがないのが残念です💨

    • さむらい より:

      やあやあ、5殿、コメント感謝である。

      何と、『先見』が出来たとな!

      そのように一つ一つ、歩んでレベルアップさせるのが楽しい所であるなw

      “中押し”をしていて、いきなり、7が中段にビタ止まりしたら?

      『先見』で説明しているが、“先光り”で単独の時は1コマ滑るのでビタ止まりは“チェリー重複”の可能性がある。

      恐らく、ぶどう成立時の一部でもビタ止まりする事があるが、『今のビタ止まりじゃね?』と、楽しむ事も出来るなw

      『ファンキー』“BIG確率”が高い為、無理して高設定を使う必要がないのであろう。

      そういう店舗は多いし、『ファンキー』のみならず、『ゴーゴー』や、『ガールズ』も同様な扱いになりがちである。

  4. たけし より:

    ぶどうクソなのに結局六千ゲームも回したんですかもっと早く見切る方法もお願いします。
    これじゃいくらお金あっても足りない(^^)

    • さむらい より:

      やあやあ、たけし殿、コメント感謝である。

      しっかりと、見てコメント下されw

      たけし殿の“持論”であるボーナス合算が良いからここまで続けているのだから。

      ツッコむならボーナス合算が“1/125”でなぜ止められたのか?ではないのか?

    • フィーズ より:

      横レス失礼します、、、

      たけしさんのコメから察するに
      通ってる店が攻めれる店か否か、、、

      それが把握出来ていないのではないですかね。

      侍殿は侍殿なりの根拠が有って(過去のデータ)攻めていますからねぇ

  5. すぅ より:

    こんばんは。
    またまた参考になる記事ありがとうございます!
    ヤメ時は本当に難しいですよね、ブドウ信者であるさむらいさんらしいヤメ時だと思いました!
    結局ノーマルタイプは自分でスタイルを決めていくしかないですものね。私は門下生なのでさむらいさんをなぞって今のところ模索中です。
    また楽しかった記事お待ちしてます。

    • さむらい より:

      やあやあ、すぅ殿、コメント感謝である。

      『止め時を制する者はパチスロを制す』

      どこかで聞いたようなニュアンスで言うとこんな感じであると考えるw

      我輩は『パチスロ』で勝つ為に“止め時”が一番重要だと思っている。

      今後も参考になるような記事が書けるよう、心掛けるのである。

  6. にきーた より:

    モヤモヤする稼働お疲れ様でした。

    ファンキーは要素があまり出てないので安心出来ませんよね(´・ω・`)

    順押しだとビッグ引いても果たしてこれが単独なのかどうかで疑うしw

    マイホも3~4クラスで放ったらかしなのですが、差枚3000枚クラスが散見されるので難しい機種だと思います。

    • さむらい より:

      やあやあ、にきーた殿、コメント感謝である。

      多くのお店が『ファンキー』を始めとする、『ミラクル』『ガールズ』中間設定で放置の台任せと言うのが多いと、我輩も予想する。