ファンキージャグラー実戦記!開幕ジャンバリからの朝イチパ〜ン発動!?こぜ6となるのか?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


“6号機”となり、規則改正となったわけであるが、
当初予定していたよりも“緩和された”と言う、
ニュースがあった。


業界を代表する団体が政治家に陳情した結果、
それが受け入れられたと言うもの。


まだ、“6号機”が始まってもいないのにそんなの
受け入れられるかよ!と、思ったのであるが、
これが思いの外、受け入れられたらしいw


その理由には様々な憶測があると思われるが
それは置いといて、緩和された内容である。


“5.9号機”では“純増2枚”が上限であったのが撤廃
され、『純増3枚以上のAT機』が作れるように。


また、『有利区間1,500Gで終了』とされていた
のが、『最大差玉2,400枚で終了』と言う項目も
追加された模様。


“5.9号機”ではAT・ARTの発動条件に設定差を
設けられないと言う、規制も緩和されたとの事。


しかしながら“ノーマルAタイプ”などの“BIG”
最大300枚などはそのまま。


AT・ART機のみの規制緩和となったようである。


“ぱちんこ業界”の再生、発展を望む我輩としては
グッドニュースであるが、この先どうなる事か。


また新たな変化が有ったら取り上げたいと思う。


さて、本日は久々の

『ジャグラー実戦記』

となる、『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

ファンキージャグラー実戦記!開幕ジャンバリからの朝イチパ〜ン発動!?こぜ6となるのか?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は年初月は中盤に差し掛かった頃。


比較的設定が見込める週初め。


狙ったのは最近、ライバル達が皆、敬遠しがち
である

『ファンキージャグラー』

“本命台”であった。


開幕、初“BIG”からいきなり、1G“BIG”を引き、
『ジャンバリスタート』を飾る。


更にはそこから

『ジャグ連7連チャン!』

に繋げ、“朝イチパ〜ン!”と、一気にボーナスを
積み上げる。


ジワジワとボーナスを下げながらも、ジワジワと
ぶどうを上げていき、節目となる、“ぶどう500個”
では“1/6.0”を切る、2998Gで収穫し、更には
ボーナスも“BB13RB15”でボーナス合算“1/107”
と言う、

『こぜ6でしょ!』

と言う、最近の『ファンキー』らしからぬ、
展開であった。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2018年2月3日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ

一樹百穫実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
600個 3625G 1/6.04 1/6.27 BB16RB16 1/113
700個 4124G 1/5.89 1/4.99 BB19RB17 1/115
800個 4585G 1/5.73 1/4.61 BB22RB19 1/112
900個 5164G 1/5.74 1/5.79 BB24RB22 1/112
1000個 5799G 1/5.80 1/6.35 BB28RB22 1/116

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


ぶどうが“1/6.0”を切っているのもさる事ながら、
『ファンキー』にとって“REG”が付いてくるのは
大きい、要素。


3000G回した段階で“REG”15回と、“1/200”
引けていた。


“ぶどう600個”3624G“BB16RB16”
ボーナス合算は“1/113”


そして、ここからのぶどうが凄かったのである。


“ぶどう700個”を貯めるまでに499Gで貯めて
しまう。


100個貯めるまで“1/4.99”で推移していたと言う
事になる。


一気にぶどうは“1/5.89”まで上げ、更には
“ぶどう800個”を貯めるのに461G100個
貯めてしまったのだw


100個単位であれば500G以内で貯まる事もまぁ、
無くはないがさすがに200個単位でこの数値は
驚異的であったw


960G“ぶどう200個”貯まると言う偉業には
これは設定6じゃなきゃ、無理だろうと考えるか、
設定6でも天文学的確率となる事を考えると、
ただの事故だと考えた方が無難なのではないか?
とも考えられる。


これはどちらを捉えるかは、各々で判断されると
良いだろう。


ちなみに我輩は“後者寄りの考え”で事故と
捉えている。


この時ぶどうは“1/5.73”まで上がっており、次の
“ぶどう900個”で大きく下がるだろうと思いきや、
5164Gで貯まり、ぶどうは“1/5.74”でボーナスは
“BB24RB22”、ボーナス合算は“1/112”と、
未だに好調。


事故は事故でも総合的には高設定であろうと
判断し、回す。


節目となる、“ぶどう1000個”5799Gで迎え、
ぶどうは“1/5.80”、ボーナスは“BB28RB22”
ボーナス合算は“1/116”であった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
29 186G RB
30 44G BB 2連
31 150G BB
32 104G RB
33 467G BB
34 134G BB
35 21G BB 2連
36 31G RB 3連
37 224G RB
38 12G BB 2連
39 76G RB 3連
40 66G BB 4連
41 117G BB
42 126G BB
43 165G BB
44 35G RB 2連
45 12G RB 3連
46 250G RB
47 215G BB
48 131G BB
49 260G BB
50 71G BB 2連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--
一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
1100個 6354G 1/5.78 1/5.55 BB29RB26 1/116
1200個 7005G 1/5.84 1/6.51 BB32RB30 1/113
1300個 7887G 1/6.07 1/8.82 BB34RB33 1/118
1400個 8475G 1/6.05 1/5.88 BB36RB34 1/121
1457個 8807G 1/6.04 1/5.82 BB37RB36 1/121

ぶどうは大きく、ブレる事もなく、すこぶる
良好な数値をキープし、ボーナス合算も“1/116”
と、設定6の”それ”より引けている。


『ファンキー』では“REG”が重要と語ったが、
ここに来て“REG確率”が約“1/260”と、下がって
来た事を気にしていた。


すると、“ぶどう1100個”6354Gで迎えるまでに
“REG”4回引く事が出来、またジワジワと
ぶどうも上がってくる。


ここで更に

『ジャグ連6連チャン!』

を炸裂させるが、内5回“REG”であったw


ここで“REG”も追い付き、先の不安は払拭された
のだが、どうもぶどうの様子がおかしくなる。


あれだけ良好であったぶどうが反応悪くなる。


1200個を貯めるまでに651G掛かり、これ位なら
良くあるのだが、恐ろしいのは1300個を貯める
までであった。


中盤の960G200個貯まったのが嘘のように
全然、揃わないのである。


気付けば、100個貯まるまでに882Gを要していた
のであった。


これもまた、中々の“天文学的確率”であろうw


二項分布で計算を試みたが、わけわからない数値が
出てきたので載せるのは控えておくw


わかる門下生(読者様)の方がいたら教えてくれw


結局、“ぶどう1300個”7887Gで貯め、
“BB34RB33”でボーナス合算は“1/118”


ぶどうもここからジワジワと上がり、結果的に
全ての数値が設定6の”それ”よりも引けた結果と
なったのであった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
51 131G RB
52 103G RB
53 237G RB
54 58G BB 2連
55 90G RB 3連
56 18G RB 4連
57 66G RB 5連
58 78G RB 6連
59 101G RB
60 4G BB 2連
61 170G BB
62 202G BB
63 45G RB 2連
64 113G BB
65 120G RB
66 41G RB 2連
67 113G BB
68 538G BB
69 324G RB
70 21G BB 2連
71 185G BB
72 186G RB
73 16G RB 2連
74 119G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ 削り分+36G

実戦結果
総回転数 8807G
総BIG 37回(1/238.0)
総REG 36回(1/244.6)
チェリー重複BIG 4回(1/2201.8)
チェリー重複REG 8回(1/1100.9)
単独&中段チェリーBIG 33回(1/266.9)
単独REG 28回(1/314.5)
ぶどう 1457個(1/6.04)
単独チェリー 271個(1/32.50)
ピエロ 7個(1/1258.1)
ベル 4個(1/2201.8)
総収支
総投資 3本
総獲得メダル 3645枚
総差枚数 +3495枚
総収支 +62,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 113%

総括

--sponsored link--

“ジャグ専”になってからと言うもの、『一樹百穫』
を取り続けている我輩であるが、今回のぶどうの
ブレ幅“過去最高”であった。


しかし、結果的に全ての数値が設定6よりも
良くなったので今回の“設定推測”

『こぜ6だわ〜!』

と、しておこう!


最近、扱い方が変わった『ファンキー』で久々と
なる、本物の設定6を打てた気がする、
さむらいであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
久々となる『設定6おめでとう!』と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280