クレアの秘宝伝2実戦記!序盤はBIG間1983Gハマり!1/2で設定6の状況で可能性はあるのか?(前編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、新年明けましておめでとう!
さむらいである。


2018年も変わらぬ御ひいき、お願い申し上げる。


2018年と言えば、来月の2月から規則改正が
施行され、“6号機時代”がいよいよ、始まる年。


“ぱちんこ業界”にとってはかなり、厳しい状況に
なるのは間違いない。


そうなれば、打ち手側である、我々にしわ寄せが
来るのは明白であり、我々も更に、厳しい状況と
なるだろう。


2月になったからと言って、すぐにと言うわけでは
なく、しばらくは、保通協に適合している残りの
“5.9号機”が新台として導入されるであろうが、
いずれ、持ち駒がなくなれば“6号機”に移行せざる
を得ない状況になろう。


本当に厳しくなるのはそこからである。


と、新年から暗い事ばかり言っても仕方ない。


では、どうしたら良いのか?


我輩の見解は

『ジャグラーを極めよ!』

であるw


これから登場してくる“5.9号機”のほとんどが
“ノーマルAタイプ”であり、ホールは間違いなく、
“ノーマルAタイプ”の扱いを大事にする。


特に既存で設置されており、固定島となっている
『ジャグラーシリーズ』はより、大事に扱うように
なるだろう。


『ジャグラー』を攻略する為に、
『さむらい流スロプロ道』を熟読する事で
攻略の糸口を見つけて頂けたら幸いである。


とは言いながらも、新年1発目の記事は

『クレアの秘宝伝』

“実戦記”をお届けしよう!w

実戦日

--sponsored link--

時は霜月から師走のどこかの入替日。


とある、入替日であったのだが、時期を明確に
するのは身バレの危険もあるので避けさせて頂くw


この日の我輩は冴えていた。


抽選には滅法、弱い我輩であったが、この日

『整理券2番!!』

を引いてしまったのである。


“新台”に行くか、“ハイスペックAT機”に行くか、
はたまた、ド本命の『ジャグラー』に走るか。


状況的にいくつか選択肢はあったし、固く立ち回る
のであらば『ジャグラー』1択なのだが、
“ノーマルAタイプ”を専門と豪語している
“Aタイパー”の我輩としては気になる機種が
あった。


それは設定6の出玉率が“115%”オーバーとなる、

『クレアの秘宝伝』

である!


“新台”ではなかったが“再導入”と言う状況で、
可能性的には1/2“当たり台”に座れる状況
とあらば、“出玉率115%”に夢見ても良いのでは
ないか?w


“ブログ”のネタにもなるし、『ジャグラー』

『設定5ないし、設定4』

を打つならこちらの方が夢がある。


何より、面白いと評判の本機

『クレアの秘宝伝』

を打ってみたかったのであったw

クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村©大都技研

機種情報
メーカー 大都技研
導入日 2016年8月
導入台数 約7000台
タイプ Aタイプ+RT
BIG 最大304枚+30GのRT
REG 最大106枚
天井 非搭載
ボーナス確率
設定 BIG REG 合算 出玉率(フル攻略時)
1 1/299.3 1/364.1 1/164.3 98.6%
2 1/292.6 1/341.3 1/157.5 100.1%
3 1/280.1 1/303.4 1/145.3 103.1%
4 1/265.3 1/287.4 1/138.0 107.1%
5 1/257.0 1/264.3 1/130.3 109.3%
6 1/232.4 1/232.4 1/116.2 115.2%
赤ピラミッドBIG確率
設定 確率
1 1/7282
2 1/6554
3 1/5041
4 1/4096
5 1/3449
6 1/2048
小役確率
設定 ベル チェリー スイカ 強チャンス目
1 1/6.15 1/92.8 1/92.2 1/13107
2 1/6.11 1/91.9 1/88.2
3 1/6.04 1/90.8 1/84.5
4 1/5.98 1/89.3 1/81.3
5 1/5.92 1/88.3 1/78.0 1/9362
6 1/5.88 1/86.2 1/74.8 1/7282
RT中ハズレ確率
設定 確率
1 1/7.9
2 1/7.4
3 1/7.2
4 1/6.9
5 1/6.6
6 1/6.4
設定推測要素
スイカ+REG出現
設定5or6確定!
REG中の赤キラキラカード
設定4以上確定!
REG中ビタ押しで大人クレアボイス
設定5or6確定!
クレアRT
555%出現で設定5or6確定!
666%出現で設定6確定!
番長2RT
456グラム出現で設定4以上確定!
忍魂RT
上乗せ666出現で設定6確定!
シェイクRT
ピンク高確率出現で設定4以上確定!
爺サマーRT
SPキーン音出現で設定2以上確定!

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

予習開始

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

再整列で入場を待っている間に予習をする。


打ってみたかったと言う通り、今回が初打ち。


軽く説明させて頂くと“BIG”は効果音発生時に
一度だけ変則押しで“中段チェリー”9枚役
獲得すると304枚の獲得となり、終了後には
30G“RT(リプレイタイム)”が発動する。


“REG”も一度だけ変則押しで“中段チェリー”
入賞させると106枚の獲得となる。


それ以降は、左リール中段に“黄色7”をビタ押し
しよう!


ビタ成功時には“クレア”が祝福してくれるので
あるが、その時のボイスが“大人のクレア”
あったら設定5以上が確定となる。


1回のビタ成功だと設定6でも“1/3333”と言う確率
“大人クレアボイス”が発生と極めて、低い確率で
発生となるのだが、全てのビタ成功時には1/30
“大人クレアボイス”となる。


ビタ押しに自信がある方は積極的に狙っていこう!


また、“REG中”のキャラ紹介で“キラキラカード”
が出現するのであるが、高設定ほど“銀、金”
出易くなっており、“赤のキラキラカード”
出現したらこれも設定4以上が確定となる。


それ以外にも“RT中”の演出で“高設定示唆演出”
多くあり、打ち手を楽しませてくれる。


しっかりと高設定を導入する店舗であれば
“設定判別”が楽しい1台となるであろう。


2番目に入場したので難なく、台を押さえ、
一先ずは“開店チェック”


一通り、“開店チェック”を終え、台と対峙する。


いざ、実戦開始である!

実戦開始

--sponsored link--

通常時は上段に“BAR”を狙う。


強めの演出時のみ、上段に“BAR”をビタ押し気味
に押し、4コマ滑った時はピラミッド絵柄を狙い、
スイカをフォローしつつ、“強チャンス目”
見逃さぬようにする打ち方。


分母は大きい為、中々出ないが“強チャンス目”
出現率には大きな設定差がある為、しっかりと
見極めたい所。


そうこうしていると“チャンス目”が出現した。


本機で特に重要なのが如何に早くボーナスの
“フラグ判別”をするか
、と言う所である。


“チャンス目”など、ボーナスに期待出来る契機役を
引いた時は逆押しで枠上に“黄色7”を目押しする。


停止方に応じて打ち分けるのであるが、上から

『黄7リプBAR』

が止まったら熱い。


たまに“特リプで種無し”と言うパターンもあるの
だが、この目が出たら熱くなって良いだろう。


なるほど、と試行錯誤しながら打っていると
初当たりは投資8本“BIG”


ここでボーナス中、どの演出を選択するかで
ボーナス後の“RT(リプレイタイム)”の演出を
選ぶ事が出来る。


“設定判別”を重視するなら序盤で選ぶべきは
“シェイク”“番長2”


“シェイクRT”の特徴として設定4以上であれば、
“RT中”“BIG”成立時の25%『ピンク高確』
が出現する。


『ピンク高確=設定4以上』

となるので一先ず、安心出来るであろう。


問題は“RT中”“BIG”を引かなければならない
と言う事w


そこで“番長2のRT”である。


“番長2のRT”の特徴として、“BIG”に限らず“REG”
を含むボーナス成立時の15%設定4以上が
確定する『456グラム』が出現する。


出現率は15%と、“シェイクRT”25%と比べると
減ってしまうが、ボーナスは“REG”でも良いので
好みで選択すると良いだろう。


我輩は“シェイクBIG”を選択。


相変わらず、オリジナルながらも“大都のBGM”
格好良いw


一部、タイアップ機もあるが、基本的に自社で
作りこんだ“自社キャラクター”でこれだけ完成度の
高い機種を出し続けている“大都技研”は本当に
凄いメーカーであると思う。


その“大都技研”が販売してきたの数多くの
“名機達のBGM”が聞けるというのも本機の魅力の
一つであると言えよう。


そうこうしている内にぶどうならぬ、“ベル50個”
304Gで貯まる。


ベル確率にも設定差が存在し、“1/6.15~1/5.88”
と、『ミラクルジャグラー』を彷彿させる確率。


『一樹百穫』が通用するだろうと、『ジャグラー』
と同じように100個置きにデータを取る事に。


さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?

ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


“ベル100個”564Gで貯まり、ベル確率は
“1/5.64”と申し分ないのであるが、ボーナスは
“BB1RB1”でボーナス合算は“1/282”と重い。


設定6のボーナス合算は“1/116.2”『マイジャグ』
をも凌ぐ確率である。


さすがに“1/2”を外したか、そう思っていた。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--
一樹百穫実戦値
ベル個数 ゲーム数 ベル合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 564G 1/5.64 1/5.64 BB1RB1 1/282
200個 1050G 1/5.25 1/4.86 BB1RB5 1/175
300個 1690G 1/5.63 1/6.40 BB1RB8 1/188
400個 2234G 1/5.59 1/5.44 BB3RB12 1/149
500個 2764G 1/5.53 1/5.30 BB7RB14 1/132
600個 3280G 1/5.47 1/5.16 BB8RB15 1/143

追加投資3本で得たメダルで何とか、“ベル200個”
1050Gで貯めるもすぐに、全てのメダルが
飲まれる。


追加投資3本“REG”2連させるもまたも
“全飲まれ”


どうも、メイン小役であるベルは良好であるが、
ボーナス、特に“BIG”が引けてない。


1/2である、もう1台の候補台の方が当たっている。


これはさすがに1/2をハズしたか。


まぁ、抽選の引きと実戦の引きは全く、
異なるもの。


よくある話しではないかw


そう、言い聞かせ、それでも小役は良いからと、
飲まれても続行する。


追加投資9本入れた所で当たるも8回目“REG”


ここで“ベル300個”1690Gで貯まる。


ベルは下がったがそれでも“1/5.63”とまだ、
設定6の数値よりも良い。


気付けば“REG”は引けている。


また、これも“全飲まれ”するも追加投資1本
またも、“REG”


更に“REG”を重ねるも2057Gを回した所で
持ちメダルは力尽き、“全飲まれ”


この時、2057G“BB1RB12”でベルは370個
“1/5.56”と言う結果。


流石にここまで“REG”が付いてくると
『ジャグラー』での実戦を思い出す。


設定6『マイジャグ』でもこのような展開は
幾らでも経験してきたではないか。


ベル確率も申し分ない。


むしろ、高設定であるが故の展開ではないか!


そう、あとは無心で回すのみ。


やっとこ、引いた2回目“BIG”は追加投資4本
総投資28本2183Gを回した時であった。


いや〜、長かったw


こんな展開、『マイジャグ』設定6でも中々、
ないわ!w


しかし、さすがにここまで“REG”が付いてくると
設定6とは言わないまでも、設定4位は見込める
のでは?


そう、考えていた。


もちろん、選択したのは“シェイクBIG”


今度は“ナディアのBGM”で消化し、ここでこの日
初となる、“RT中”のボーナスをゲット。


ここで『ピンク高確』になればと期待するも、
最終ゲームであった為か即告知。


これが、あれだけ引けなかった“BIG”となり、
そのまま、“4連チャン”


途中、節目となる“ベル500個”2764Gで貯まり、
“1/5.53”


ボーナスも“BB7RB14”でボーナス合算もあれよ
あれよと、“1/132”まで回復。


投資分は回収した所で『ここから!』と言う所。


これが更に“5連チャン”となり、途中、“RT中”
引いたボーナスで念願の“あれ”が!


以下は“前半戦の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 245G BB 投資8本
2 244G RB
3 202G RB 追加3本
4 8G RB 2連
5 38G RB 3連
6 232G RB
7 211G RB 追加3本
8 66G RB 2連
9 364G RB 追加9本
10 108G RB 追加1本
11 36G RB 2連
12 116G RB
13 88G RB 2連
14 225G BB 追加4本
BIG間1938Gハマり
15 30G BB 2連
16 42G RB 3連
17 47G BB 4連
18 196G BB
19 136G RB
20 52G BB 2連
21 72G BB 3連
22 26G BB 4連
23 60G RB 5連

総括

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
にほんブログ村 ピンク高確!設定4以上確定!

『ピンク高確降臨!』


最初は

『マイジャグならもっと、当たるわ!』

と、さすがに、設定6は厳しいだろうと言う、
ロースタート。


“REG”を重ねながらも追加投資の連続で迎えた
2回目“BIG”を引けたのは“BIG間ハマり1983G”
と言う、仕打ち。


しかし、粘った甲斐があったと言うもの。


設定4以上が確定した瞬間であった!


とりあえず、フル攻略であれば設定4でも
出玉率は“107%”


『マイジャグ』設定5を打っていると思えば
難て事はない。


この日、終日勝負を覚悟したのであった。


『後編』へ続く。。。

クレアの秘宝伝2実戦記!序盤はBIG間1983Gハマり!1/2で設定6の状況で可能性はあるのか?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
2018年、今年も宜しく!と言う、
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!
【追記】“REG中”の説明で誤りが有った為、
訂正しました。

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. カエル より:

    新年あけましておめでとうございます。今年もお邪魔させてもらいます。

    クレア2は設定が入ってると確定演出がバンバン出る印象ですよね!REG確率の設定差自体はゴーゴージャグラーに似ててあまり信用してないんですが、回数が付いているとついボーナス中の楽曲選択かRT中で456確定しないか期待してBIG1回引けるまで打っちゃおうかなーとか思いますw

    ただ、チャンス目と相性が悪いみたいで…スイカ重複らしきREGを引いた時は5600GのBB16RB12で他の確定演出が出なくて何かの勘違いだったのかな…と今でも疑問に思っています…思い込んでその場で設定推測を切った自分を殴りに行きたいw

    • さむらい より:

      やあやあ、カエル殿、明けましておめでとう。

      我輩も今回が初実戦であったのだが、中々良く出来た台だと感心した次第である。

      スイカ重複であったか、どうかの判断は成立後はチャンス目も出易くなっている感じがするので難しい所であるな。

      ご自身を殴りたいと言う事はその後はカマを掘られたと言う結果であったのであろうか?w

      • カエル より:

        収支記録によると閉店まで8時間粘ったみたいです!

        おぼろげに覚えてるのが開始30分ぐらいでミサイル団のステチェンしてスイカ→次G連続演出に発展(確かこの時点でボーナス確定?)→目押しとスイカ重複か自信がなかったので順押しで確定画面までレア役確認→ピラミッド、チェリー、スイカも引かずに黄REGだったと思います。

        単独REGはそもそもなかったと思うので、スイカ重複でなかったのならベル重複とかなのかな?と…スイカ重複自体薄いので…ピラミッドまで滑らず、あの効果音も無かったのでチャンス目は引いてないかなと思うんですが、出目までは分からなかったので…

        スイカ重複REGだったろうと自分に言い聞かせ閉店まで2250枚投資の-1800枚だった訳ですが、体感のベル確率も非常に悪くて多分1より悪かったんですよね。(おそらくアイムのぶどうぐらいの出現率。)

        今なら他の設定推測要素とかも見て「あれはスイカ重複REGでなかったのかも」と思ってもう少し早めにヤメの判断もあったのかなと…設定5以上確定しててヤメてたら勝てる道理は無いですがw

        • さむらい より:

          やあやあ、カエル殿、返信感謝であるw

          我輩の実戦ではスイカ重複は“BIG”しか引けなかったのであるが、かなり強めの液晶横が激しく光る演出からスイカは揃い、そのまま連続演出に発展した。

          ここまで強い演出であれば、“スイカ重複REG”は引けたら見逃さないかな?と、思ったのであるが実際は引けていないのでどうなのであろうか?

          “REG中”“赤キラキラカード”は拝見出来なかったが、“銀と金”は良く出ていたのでその辺の出現率も判別要素として使えるのかな?と感じた次第。

          設定6でも理不尽な“BIG間1983Gハマり”などが起こるので設定5で負けてしまう事もあるだろうし、何とも言えん実戦であったなw

  2. きるあ より:

    初米です。
    誤ってる内容の部分がありましたのでご指摘させてください。
    シェイクと番長rtの詳細が逆だったり、regの最大獲得枚数の手順はbigと同じ2コマでよくて、ビタ押しは黄7を左中段でのボイスです。
    これからも頑張ってください!

    • さむらい より:

      やあやあ、きるあ殿、初米感謝であるw

      言われて確認した所、“REG”のボイスはその通りであった。

      中段チェリー以外の話しであったのか、と納得した所である。

      しかし、“シェイクRT”“番長RT”の詳細が逆と言われた点に関しては“パーセンテージの話し”であると思われるのであるが、スロマガを確認した所、誤っていないと思うのであるが、如何であろうか?