バジリスク絆設定狙い実戦記!重たいBCを強いられるも新瞳術チャンスの一撃!その先には念願の〇ベル撃破達成!?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


本日は終日稼働となったので記事は進んでおらず、
いっぱいいっぱいw


明日から夏休みに突入するのに今この記事を更新
しているような状況なので明日の更新はお休み
させて頂くつもりである。


明後日はなるべく、更新するつもりなので
ご了承下され。


さて、本日であるが、時は7月半ば

『バジリスク絆』

を攻めた“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

バジリスク絆設定狙い実戦記!謎同色BCスタートも重たいBC確率に苦戦を強いられる(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は秋初月も半ばを過ぎた頃。


週始めと言う事も有り、この日の“煽り機種”には
お得意の

『バジリスク絆』

が選ばれ、2番手で入場した我輩は“本命台”
ゲット。


初当たりでいきなり、“謎同色BC”を引く。


追加投資の連続で総投資はここまでで17本
なっており、これ以上の投資は避けたい所で
あった。


謎当たりの他、3回以内の“BT(バジリスクタイム)”
当選であったりと、高設定挙動ではあったのだが、
如何せん、“BC(バジリスクチャンス)”が重過ぎる
と感じていた。


この時、弱チェリー確率を調べると、2872G
63個引いており、“1/45.59”であった。

バジリスク~甲賀忍法帖~絆のスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©エレコ

機種情報
メーカー エレコ
導入日 2014年1月
初期導入台数 約55,000台
タイプ 純増約2.8枚のAT機
バジリスクチャンス(BC) ベル8回当選で終了
約40枚獲得
ATバジリスクタイム(BT) 追想の刻と争忍の刻
1セット約40G
無双一閃 真瞳術チャンスの突入のCZ
AT中のBC当選の一部で移行
真瞳術チャンス セット数上乗せ特化ゾーン
高確率で赤BARが揃い、ベル8回まで継続
プレミアムバジリスクチャンス ロングフリーズから発生
66%or80%ループ
+祝言モード
ゲーム数天井 BC間500GでBC当選
AT中のゲーム数も加算
BC回数天井 通常時BC間最大11回スルー
11回選択のテーブルn時は
次回BC1回でBT当選
設定推測要素
弦之介BC時
2回目の押し順ベル(残り6回)で撃破…設定456確定
5回目の押し順ベル(残り3回)で撃破…設定6確定!
ボーナス確率
設定 BC
通常時
BC
AT中
プレミアム
BC
AT
『BT』
出玉率
1 1/139.4 1/104.0 1/50400 1/441.3 97.3%
2 1/138.7 1/108.0 1/377.9 98.6%
3 1/137.9 1/104.0 1/403.4 102.0%
4 1/130.6 1/106.0 1/303.9 106.6%
5 1/130.1 1/98.0 1/343.1 112.1%
6 1/118.6 1/100.5 1/245.1 119.2%
BC振分詳細
設定 赤赤赤
赤赤青
青青青
青青赤
1 50% 50%
2 60% 40%
3 40% 60%
4 60% 40%
5 40% 60%
6 60% 40%
弱チェリー確率
設定 確率
1 1/44.4
2 1/43.3
3 1/42.4
4 1/41.4
5 1/40.5
6 1/39.7

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

見よ、豹馬!

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

この時、コンビニへ行き、少し腹ごしらえを
しつつ、現状を整理していた。


ライバルが打つ、対抗台が調子良く当てており、
初当たりだけは7回連続で“BC1発”で当選させて
いた為、強いと思っていた半面、単発ばかりで
設定4っぽいとも話していたのであった。


我輩はこれまでに“BT”の初当たりを7回引いて
いたが、“BC1発”で引けていたのは1回だけで
最大でも“BC”3回となり、5回2回目“BC”
射止めていた。


“謎当たり”が多く、長い連チャンこそないが、
“朧BT”2回引けていた。


良過ぎると言う事ではないが、悪くもないと
言った所。


そんな中、次なる当たりはまたしても遅めの368G
中ハマりであったが、“BC”中に巻物2回引き、

『見よ、豹馬!』

と、上記画像からの“BT”当選。


初回から“甲賀忍法帖”が流れるも2戦で終わり、
255枚


終了後、260Gでまたしても“謎同色BC”を引くも
“BT”に繋がらず。


79Gで引いた“青同色BC”巻物からの“瞳術揃い”
“BT”当選させ、2戦308枚


相変わらず、“BC”は重く、“BT”中も中々、
“BC”は引けないながらも単発は少ないなと
感じている最中、流れの変わる1発が訪れる
のであった。


133Gで射止めた“謎赤異色BC”からこの日3回目
“朧BT”に当選。


“追想の刻”“BC”を挟むも、初戦2戦目3戦目
と、何を引いても“BC”に当たらず、継続率のみで
繋げていた。


イライラが募った4戦目になぜか、“甲賀忍法帖”
流れているw


更に“BC”は引けずに迎えた7戦目

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『運命の瞳術揃い!』

が発生し、やっと、“BC”を引けたと思ったら
これが何と、

にほんブログ村 スロットブログへ

『無想一閃!』

ではないか!


ここは大事な所だが、5%の薄い所なんて引けない
と思っていると、

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

『デカプッシュが出現!』

し、見事、

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『真瞳術チャンス!』

を射止めるのであった。


ここで1発、大きく乗せる“引き”は持ち合わせて
いなかったが、無難に5個乗せる。


“凡人の引き”ではあったが、高継続でこの
ストックは大きかった。


その後の展開は端折るが、無難に“エンディング”
まで継続させ、

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『一撃3825枚!』

と、この日の勝ちは揺るぎないものとする一撃
見せるのであった。


以下はここまでの“実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
16 368G 赤赤青 瞳術揃い
BT当選
(82G) BT終了 255枚
17 260G 謎赤赤赤
18 79G 青青青 瞳術揃い
BT当選
(79G) BT終了 308枚
19 133G 謎赤赤青
BT当選 朧BT
20 赤赤青
無想一閃 瞳術揃いから
21 真瞳術チャンス +5回
22 青青青
23 赤赤赤
24 青青赤
25 青青赤
26 青青赤
27 青青赤
28 赤赤青
29 青青青
30 青青赤
31 赤赤青
32 青青赤
(1182G) BT終了 3,825枚

3ベル撃破達成!

--sponsored link--

“エンディング”中に巻物を引いた後、チャンス目
なのかハズレが出現し、“ループ率のストック”か?
と、期待したのだが、ストックならず。


せっかく、大きな一撃を見せたのにまたしても
中ハマり378G“BC”当選。


ここはスルーするも59Gで当てた“赤異色BC”
“BT”当選となるのだが、油断していた所で

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『3ベル撃破達成!』

と、設定6を確定させるのであった!


ここで隣で打っていた対抗台設定62台並びで
使わないだろうと、悪くはなかったが止めていく。


その直後の方は7スルーを食らっていたので
上手い所で止めていったw


設定6が確定したのでその後の展開は以下の
“実戦データ”を見てほしい。


内容的には相変わらず、重たい“BC”ではあったが
継続率に助けられ、大きい連チャンはないものの、
確実にメダルを増やしていく。


止める時間帯を考える頃、あと1回“BT”
引けるかどうかの所でこの日の“重たいBC”
象徴するがの如く、最後に

にほんブログ村 スロットブログへ

『500Gの天井』

を食らい、“朧BC”でモード判別をして、この日の
稼働を終了するのであった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
33 378G 青青赤
34 59G 赤赤青 3ベル撃破達成!
BT当選
35 青青赤
36 青青赤
37 赤赤赤 追想+20G
38 青青赤
39 赤赤赤
40 青青青
(248G) BT終了 966枚
41 145G 赤赤青
BT当選
42 赤赤青 追想+10G
43 青青赤
44 青青赤
(152G) BT終了 587枚
45 98G 赤赤青
BT当選 朧BT
(125G) BT終了 340枚
46 202G 青青赤
BT当選
47 赤赤青 追想+20G
(109G) BT終了 353枚
48 272G 赤赤青
49 257 青青青
BT当選
(201G) BT終了 577枚
50 426G 赤赤青
BT当選
(39G) BT終了 164枚
51 202G 青青赤
BT当選
(116G) BT終了 372枚
52 165G 赤赤青
53 78G 赤赤青
54 26G 赤赤赤
BT当選 瞳術揃い
(233G) BT終了 898枚
55 青青青
56 青青赤
57 青青赤
58 500G 赤赤青
5G 止め

実戦結果

ユニメモ

実戦結果
総回転数 8540G
通常回転数 4120G
総AT回転数 3366G
総BC 58回
総BT 18回
真瞳術チャンス 1回
赤赤青 21回
青青赤 20回
赤赤赤 7回
青青青 9回
弱チェリー 197回(1/43.35)
総収支
総投資 17本
総獲得メダル 6,089枚
総差枚数 +5,239枚
総収支 +108,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 120.4%

総括

--sponsored link--

上の“データ表示器”の画像は止めた時のもの。


設定6でまさかの“BC”58回と言う少なさに
“閉店チェック”に訪れた専業仲間から
こんなに引けないもんなの?と、笑われたw


4000枚近い、一撃があったからこそであるが、
しかし、ながらこの“BC回数”でも

『6000枚オーバー』

出来るのはやはり、設定6だからこそのものだと
実感せざるを得ない。


今回、『バジリスク絆』設定6“別格”であると
思い知らされた実戦となったのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『バジリスク絆』設定6は別格だよね!
と、共感される門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. フィーズ より:

    絆のBCでこれだけ荒れるなら、
    ノーマルタイプのボナなら尚更、、、
    ですよね~

  2. ゲッターマウス より:

    自分も設定6を打った時は500Gの天井2回行きました。本当に設定6なのか?という感じで後半ダラダラ伸びる感じで6000枚出ました。
    6ベル・3ベル出てなかったら前半で辞めていたかもしれませんwちなみにこの時は真瞳術もフリーズも引いてません。

    • さむらい より:

      やあやあ、ゲッターマウス殿、コメント感謝である。

      真瞳術もフリーズも引いていないのに6000枚出てしまう。

      『バジリスク絆』設定6の底力であるな。

      やはり、別格と言う事なのだろう。

  3. うどん より:

    初コメ失礼しますm(_ _)m
    まずは高ランキングおめでとうございます!

    自分は絆の6打った時はスルーに悩まされましたね。
    初回のBT後から5スルーの後7スルーと連続して、流石にあと一回BT入れたらヤメかな、なんて思ってたら6ベル撃破。
    異色は1:1で奇偶も分からず、弱チェリーは6以上、BTはやたら継続、絆テーブルは良さげ。
    4っぽくは無いし、まさか5なんて使う?なんて思ってたら3ベル撃破出ました。(6ベルも3ベルも共にレア役無し、瞳術狙い無しのBC)
    因みに自分は瞳術外しはしません。
    ただ終日打って一発、二発飛びがほぼありませんでした(苦笑)
    確定演出が出なかったら午前中でぶん投げてましたよ。
    それでも打っていて感じたのが、あまり皆さんは重要視しないかもですが高確の巻物がしっかり仕事するんですよね。
    普段エナで打ってる時と比べて明らかBCの入りが違うと(笑)
    とは言え、やはり推測の軸にはなり得ないでしょうな。
    あとは、謎BCは複数回ありましたが…チャンス目は終日重くて仕事してるか分からず。入ってくれなきゃ困るモードCっぽいところでの超高BCも外したなぁ…。
    やはりこういった今回の様なイレギュラー含め、絆の設定推測は容易ではないですねぇ。

    • さむらい より:

      やあやあ、うどん殿、初めまして。

      初コメント、また、日頃からの応援誠に感謝である。

      我輩が序盤からその展開では早々に止めて良そうな展開であるなw

      “6ベル撃破”など、確定演出がある分、それに左右される事も多い。

      やはり、設定4設定6の差は通常時の“BC”の当たり方が違う気がする。

      チャンス目も確かに仕事しているのかわからん事も多いなw