押忍!番長3設定狙い実戦記!更に絶頂対決からのストック20個オーバー!?肝心の設定は如何に?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


左手の負傷であるが、思いの外、ダメージが
大きかった。


左手で物を握ったりすると電撃のような痛みが
走るのでメダルも掴めない。


今日は終日、右手1本だけで遊技しているので
通常回転数はあまり、回せないと思われる。


病院に行こうと思っていたが本日は終日稼働と
なったので明日以降、身体が空いたら病院に
行ってみようと思う。


さて、本日であるが、設定変更濃厚台である

『押忍!番長3』

を攻めた“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

押忍!番長3設定狙い実戦記!朝イチ、1ゲームで設定変更が見抜ける!?設定変更濃厚台を攻めたらロケットスタート!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は田草月も半ばの頃。


“旧イベント日”であったこの日、抽選に漏れた
我輩は系列店に移動し、“煽り機種”であった
『ハナビ』を攻めるも早々に見切りを付け、
“マイホ”に戻る。


“マイホ”の状況を確認すると前日、“MB目”
閉店を迎えていた『押忍!番長3』がそのまま
だったので1G回すもベルが揃わず。


すなわち、設定変更濃厚と言う事で狙いとしては
第2候補の台であったが、攻めてみる事に。


投資5本で得た初当たりでいきなり、ストック4個
を貯め、幸先の良いスタート。


チャンスモードの期待が出来る2日目“轟大寺”
移行し、“番長ボーナス”


その後も順調に“番長ボーナス”を連チャンさせ、
4回目“番長ボーナス”で念願の

『絶頂対決』

に発展し、7勝を飾るのであった。

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
©DAITO

機種情報
メーカー 大都技研
導入日 2017年4月
導入台数 約30,000台
タイプ 純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち 約41.0G/50枚
天井 ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り 高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率 設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定 ART初当たり 対決(通常時) 対決(ART中) 出玉率
1 1/430.1 1/82 1/37 98.2%
2 1/414.0 1/81 1/37 99.4%
3 1/389.3 1/78 1/37 101.6%
4 1/335.6 1/76 1/36 106.7%
5 1/334.0 1/75 1/37 116.0%
6 1/242.3 1/71 1/36 119.3%
設定 通常時番長ボーナス
1 1/7449.2
2
3 1/4966.1
4 1/2529.9
5 1/3270.4
6 1/1812.0
共通ベル確率
設定 共通ベルA 共通ベルB 共通ベルC 共通ベル合成
1 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
2
3
4 1/49.65 1/97.81 1/139.44 1/26.64
5 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
6 1/45.83 1/91.53 1/123.65 1/24.49
設定 チャンスチェリー
1 1/21845.33
2 1/16384.00
3 1/21845.33
4 1/10922.67
5 1/8192.00
6 1/4096.00
設定 絶頂対決突入率
1 6.25%
2
3
4
5 25.00%
6 6.25%

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

絶頂再び!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

ここまで“番長ボーナス”4回引いて『絶頂対決』
1回突入となれば、設定5も圏内な内容。


『絶頂対決』後は気持ちにも余裕が出て来たのか、
対決演出に発展しても連敗が続き、3戦全敗
迎えた3日目


この流れは良くないと気合を入れ直した3日目
あったのだが、“轟大寺”からチャッピーとの
バドミントン対決に発展し、対決中にベル
3回射止め、これは鉄板で勝てると思いきや、
まさかの敗北と、見せかけての復活演出。


これで負けるのか?と、内心焦りながらも
射止めた“赤番長ボーナス”であった。


このボーナス中にも1つ上乗せし、この流れに
乗ったまま、1日目ノリオとの調理対決に勝利、
続いてチャッピーとのラグビー対決には敗北するも
通常対決2回挟んでからの“轟大寺”に発展する。


こんなパターンもあるのかと思っていると出て来た
のはサキで、激熱のバスケットボール対決。


ここは難なく勝利したかと思えば、何と

『カカカカモーン!』

と言う、の掛け声と共にこの日2回目

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『絶頂対決』

に突入するのであった。


ここも気合で消化し、満足の

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『7勝!』

を飾る。


もはや、ここまででストックは20個を超え、
わけが分からなくなっていた。

26日ハマり

--sponsored link--

ここからも通常対決では一進一退を繰り返しながら
も上乗せを重ねていく。


3日目には“轟大寺”から

にほんブログ村 スロットブログへ

『温泉ステージ』

へ発展し、“番長ボーナス”を確定させる。


だが、ここから“番長ボーナス”が中々引けずに
ズルズルと打ち進め、次に当たったのは13日目
であった。


ハマりを抜けた所で流れを引き寄せるが如く、
またも1日目“青番長ボーナス”を射止める。


ここで1つ上乗せさせ、更に次なる1日目でも
“轟大寺”から“赤番長ボーナス”を射止める。


ここで調子に乗ったのが見抜かれたのか、台は
機嫌を損ね、引けども引けども“轟大寺”では
全く勝てなくなり、やっとこ“轟大寺”で勝てたのは
26日目と言う、ドハマりを食らう。


“轟大寺”からサキとのバドミントン対決で対決中に
弁当箱ベルを引き、辛くも勝利し、久々となる
“赤番長ボーナス”を射止めたのである。


ここまで通常対決では勝ったり負けたりを繰り返し
ながらではあったが、貯めたストックを大幅に
消費してしまうのであった。

一撃〇〇〇〇枚オーバー!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

大量ストックと言えど、いつかは終わるもの。


次なる“番長ボーナス”16日目まで掛かって
しまう。


最後は5日目と言う所でストックが切れ、
長かった死闘に幕を閉じたのであった。


ここはビックリ仰天

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『一撃7794枚!』

を獲得したのである!


引き戻しをカバーし、“引き戻し特訓”
入らなかった為、長考する。


この時点で18:40を回っており、設定推測的なのは
“ART中の共通ベル”のみと言った所であった。


共通ベル“1/25.24”設定6も圏内な数値であった
が、“引き戻し特訓”にも入らず、チャンスチェリー
も引けておらず、初当たり1回のみで通常時の
対決ベルで確認出来ているのも“15~17回”
1回のみと言う。


この時間からほぼ、朝イチ台と変わらないような
台をこれから設定判別するようなもの。


もしかしたら高設定だったかも知れないが、
巡回すると、『ミリオンゴッド神々の凱旋』
“958Gハマり”の台を見つけ、天井狙い
切り替えるのであった。

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ

実戦結果
総回転数 4535G
通常回転数 457G
ART総回転数 4078G
総頂journey回数 64回
総番長ボーナス 12回(1/377.9)
共通ベル 151回/4078G-MB267G(1/25.24)
チャンスチェリー 0回/4535G
通常番長ボーナス 0回/457G
絶頂突入率 2回/12回中(16.7%)
引き戻し特訓 0回/1回
引き戻し率 0回/1回
対決カウンターモード
1~7回 0回
10回 0回
15~17回 1回
20回 0回
24回 0回
30~32回 0回
39回 0回
44回 0回
45~47回 0回
50回 0回
56回以降 0回
総収支
総投資 3本
総獲得メダル 7,766枚
総差枚数 +7,616枚
総収支 +133,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 156%

総括

--sponsored link--

結局、『ミリオンゴッド神々の凱旋』でも
投資10本

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

こんな演出から

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

『GOD降臨!』

させ、1370枚流してこの日の実戦を終えた
のであった。


この日、稼げた期待値がどれ程だったのか、定か
ではないが、アドリブを利かせた“立ち回り”
見事、大勝ちを射止め、満足するさむらい
あった。


ちなみにこの日の“マイホの煽り”『その他』
答えであるが、『ハナビ』『バーサス』
『ニューパル』等からなる小台数の

『Aタイプコーナー』

がオールと言う結果に。


そのような設定状況であったのなら我輩が打って
いた『番長3』設定6はなかったのかな?と、
希望的憶測をするのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
さむらい“引き”、強過ぎ!と思われた
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼し、あやかるべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. ヒロ☆777 より:

    一撃7794枚‼ 豪腕にも程があります(笑)
    番長3は天井システムがあまりにも恐ろしいので、未だ一度も触っていません。番長2はかなり打ちました。サラ番は申し訳程度に打ちました。番長3は…やはり怖い苦笑
    同じように感じている人が多いのか、マイホでもゴッドシリーズは朝イチからぼちぼち埋まるのに、番長3は昼まで客ナシとか見受けます。

    番長3の見切り後に、天井狙いの凱旋からゴッドとか羨まし過ぎます。あわよくば合わせ万枚な流れですよ。
    ともあれ、快勝おめでとうございます。

    手の負傷が気になります。早期に病院でMRIとかレントゲンとかで診てもらった方がいいですね。

    • さむらい より:

      やあやあ、ヒロ☆777殿、コメント、ご心配まで感謝である。

      本日、病院には行ったのだが骨には異常はなく何よりであったが、私生活に与える影響は解消されていないのでしばらくは我慢が必要なようである。

      『番長3』が日の目を見るのはAT機が無くなって来てからであろうなw

      我輩も『番長2』の時代はジグマではなく、様々な店舗に赴いており、主戦機種であった。

  2. 5 より:

    さむらいさんこんにちは☀

    快勝おめでとうございます!
    実は私も先日5らしき台をみつけて6800枚流しました✨

    しかし設定変更がわかりづらいのでもう打つことはないかもしれません笑
    というかartに頼らなくて済むくらいジャグラーに力を入れてほしいものです💨

    • さむらい より:

      やあやあ、5殿、コメント感謝である。

      まずは5殿も設定5での快勝、おめでとう!

      我輩はまだ、『番長3』設定5“設定5と認識”して粘った事がない為、未知の世界であるw

      おっしゃる通り、『ジャグラー』にだけは力を入れて欲しいと切に願うw

  3. 汚いケツ より:

    侍殿、実践お疲れ様です。
    僕も少々博打をたしなみますが、、、
    よくスロットで万枚近く出している人というのは、それなりにプロに近いのかなぁと侍さんのブログを読んで痛感しました。

    僕の場合、、、
    いかに良さげな台でも、一撃3,000枚出れば、もうそれで満足です。
    すぐやめます。

    ですが、侍さんのようなプロは、いったん3,000枚でストップしても良い台と思えればとことん打つのですね。

    そこで更に積み上げられるプラスのコインがプロと素人との差だと思いました。

    • さむらい より:

      やあやあ、汚いケツ殿、コメント感謝である。

      承認するかしないかギリギリの名前であったのだが、我輩も呼び辛いので出来たら別のお名前でお願いしたいw

      “万枚”が出せるかどうかは運としか言いようがない気がする。

      これだけ毎日のようにフルで稼働している我輩でさえ、『モンハン』での流し“万枚”が数年ぶりと言う出来事なのだから。

      “良い台=高設定”だと思えばとことん打つと言うのは勝つ為の定石で、“良い台”と言う判断する知識が正しければ粘るべきだろう。

      ちなみにギャンブルと言うのは勝つか負けるかの博打であり、我輩にとって『パチスロ』は勝てるものなのでギャンブルとは認識しておらず、“専業”のような生活者は皆、そういう認識なのではないか?と思う。

  4. 坂上 より:

    ヒロ☆777さんが言うように番長3は、朝から僕の地域も埋まらない
    なぜなら、設定に従順なんですよ、番長3。故に狙われない…

    未だに、朝イチはリセット(イメージ的に朝の早さ)の沖ドキから埋まって、リセット後のモードB狙って、ヤケクソゴッドみたいな(笑)
    若しくはバジ設定狙い、だけど無いんすよw

    師範のようなジャグラー立回りが出来たら1日楽しめそう。
    今回の実践おめでとうございます❗

    • さむらい より:

      やあやあ、坂上殿、コメント感謝である。

      おっしゃる通り、我輩の“マイホ”でも“煽り機種”にならないと埋まる事はないなw

      適当でも稼働が付くのはやはり、『バジリスク絆』であるな。

      『バジリスク絆』はさすがの一言である。

      『ジャグラー』の下見をして狙い台を決め、翌日に終日稼働を目指し狙っていくと言うのはしんどいが狙える店は探せばあると思われる。

      たまにはこのようなまぐれ勝ちも良いものであるがw