押忍!番長3設定狙い実戦記!朝イチ、1ゲームで設定変更が見抜ける!?設定変更濃厚台を攻めたらロケットスタート!(前編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


昨日は実戦記はお休みさせて頂き、今後の
“ブログ運営”について語らせて頂いた。


身体を大事にと、たくさんのお言葉に
誠、感謝の念しかない。


そんなご心配をして頂いているのに我輩と
した事が、やってしまった。


坂道で自転車に乗ろうとした所、ハンドルから
手を滑らせ、転倒してしまったのだ。


右手に擦り傷を負う程度で済んだと思っていた
のだが、朝起きた時にペットボトルの水を飲もう
としたら激痛が走り、水を浴び、こぼすと言う。


どうも、転んだ際に左手を地面に突いたようで
ある。


捻挫程度であればいいのだが骨折も有り得るかも
知れん。


腫れているわけでもないし、熱もない。


骨折まではかないだろうがキーボードを打つのも
たまに激痛が走り、影響が出ているような状況。


もしかしたら、左手も酷使するので稼働にも影響が
出てしまう可能性もある。


あまりに酷いようなら時間がある時に病院にでも
行こうかと思っている。


皆様におかれましても慣れた自転車とは言え、
ご注意下さるよう。


さて、本日は紆余曲折しながらも

『押忍!番長3』

を打った“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は田草月も半ばの頃。


この日は“旧イベント日”と言う事で“煽り機種”
熱く、と言いたい所であったが、何とも微妙な
告知であった。


それは『マイナージャグラー』1機種

『その他』

と言った全体を匂わす、ザックリとした告知。


ちなみに系列店でも『ハナビとその他』と言った
ザックリとしたものであった。


しかし、最近の“煽り機種”の信用度は下がっており
更に“サクラ疑惑”も重なって系列店の信用度は
地に落ち、“旧イベント日”であるにも関わらず、
抽選に並ぶ客は“0”となっていた。


戦略として『マイナージャグラー』に座れる番号
ではなかったら系列店へ走り、『ハナビ』を打つか
と、言ったチープなものであったが同じように
考える者は多く、早めに抽選を受ける為に抽選時間
よりも少し早めに並ぶ事に。


案の定、抽選に漏れ、系列店へ走るも先客は5人
であった為、何とか『ハナビ』には座れる状況に。


5番手と言う事もあり、座れたのは狙い台とは
程遠い台。


これならば、初動が悪ければさっさと、見切りを
付けようと思う台であった。


内容は端折るが、76Gで当てるも間に風鈴1回のみ
で投資4本と言う、“ク〇台”を掴まされ、開店から
1時間半程で見切りを付け、“マイホ”に戻った
のであった。


今までにない告知内容であった為、『その他』とは
どのような入れ方なのかまだ、見当も付かない。


全体的にメイン機種には入れるよと、言うもの
なのか、色々考えたのだが、まだ開店して1時間半
では何もわからずと言った状況であった。


そんな中、ふと、見ると

『押忍!番長3』

の朝イチ台で“MB目”で止まっている台が
目に付いた。


そう言えば前日に“MB目”で閉店していた台で
あったなと、とりあえずメダルを借り、ベル
取ろうと、1回転、回すもベルが揃わず。


“朝イチ、1回転で設定変更か否かを見極める方法”
で、前日の閉店前に“MB目”を仕込んでおき、
翌日にベルが揃わなければ設定変更濃厚と言う
やつである。


リールを手で合わせたり、出目を合わせるなどで
店側も簡単に対策は出来てしまうが、ここで
まさかの変更挙動


候補台としては上げ狙いで島で2番手であったが、
変更挙動と言う事で一先ず、攻めてみる事にした
のであった。

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
©DAITO

機種情報
メーカー 大都技研
導入日 2017年4月
導入台数 約30,000台
タイプ 純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち 約41.0G/50枚
天井 ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り 高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率 設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定 ART初当たり 対決(通常時) 対決(ART中) 出玉率
1 1/430.1 1/82 1/37 98.2%
2 1/414.0 1/81 1/37 99.4%
3 1/389.3 1/78 1/37 101.6%
4 1/335.6 1/76 1/36 106.7%
5 1/334.0 1/75 1/37 116.0%
6 1/242.3 1/71 1/36 119.3%
設定 通常時番長ボーナス
1 1/7449.2
2
3 1/4966.1
4 1/2529.9
5 1/3270.4
6 1/1812.0
共通ベル確率
設定 共通ベルA 共通ベルB 共通ベルC 共通ベル合成
1 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
2
3
4 1/49.65 1/97.81 1/139.44 1/26.64
5 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
6 1/45.83 1/91.53 1/123.65 1/24.49
設定 チャンスチェリー
1 1/21845.33
2 1/16384.00
3 1/21845.33
4 1/10922.67
5 1/8192.00
6 1/4096.00
設定 絶頂対決突入率
1 6.25%
2
3
4
5 25.00%
6 6.25%

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

初回当選時のBBモード

にほんブログ村 スロットブログへ

打ち始めるとすぐさま引いたチェリーで対決を
見ずに“特訓”へ。


ここは残念ながらハズシてしまう。


初当たりはチャッピーとのバドミントン対決で
チェリーベルを引き、勝利。


投資は5本214Gの所であった。


1日目から“豪遊閣ステージ”で始まり、ここは
何とか、対決連チャンさせたい所。


初戦のサキとのメンコ対決は惨敗するも、次戦の
サキとのメンコ対決中にベルを射止め、勝利。


3回目の対決はマダラとのラグビー対決となり、
ここでもベルを射止め勝利し、これが“青”ながらも

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

『ループで2個ストック!』

させ、全部で4個ストックを貯め、1日目
終える。


2日目に突入し、ここで“轟大寺”へ。


初回当選時の2日目“轟大寺”移行はBBモード
“チャンスモード”である可能性が高い為、高設定
への期待も高まる。


初回でBBモード“チャンスモード”に選ばれる
のは設定2・418.75%設定6では23.44%
偶数設定で優遇されており、奇数設定では10.16%
と、言った所なので必然的にテンションが若干、
上がるのである。


ここはマダラとの調理対決に発展し、この日初と
なる“赤番長ボーナス”を射止めるのであった。

番長ボーナスの連チャン

--sponsored link--

この初の“番長ボーナス”では上乗せさせる事は
出来なかったのだが、終了後に突入した対決に
勝利したかと思ったらまたしても“轟大寺”
移行し、チャッピーとバドミントン対決で勝利を
収め、2回目“赤番長ボーナス”


更にここではチャンス目からか、1個上乗せさせる
事に成功。


更に次も終了後、1日目“轟大寺”へ移行し、
対決に発展しないと思ったら

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『操の確定演出』

が出て“赤番長ボーナス”


次は終了後即、ノリオと調理対決に発展し、敗北。


嫌な流れのまま、“轟大寺”からのサキとの
メンコ対決に発展。


ここで対決中にベル2回引き、“赤カットイン”まで
出たので勝利かと思ったら敗北と言う結末。


しかし、流れが途切れたらまた、流れを作るまで。


2日目“豪遊閣ステージ”に移行し、サキとの

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『バスケットボール対決』

で見事、勝利し、“青”ながらもループさせ、
2個ストック。


勢いが乗って来た3日目“轟大寺”からチャッピー
とのバドミントン対決に発展し、見事勝利し、
ここでこの日初となる

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『絶頂対決』

に発展するのであった。

総括

--sponsored link--

ここの『絶頂対決』では見事、

にほんブログ村 スロットブログへ

『7勝!』

と言う、大量ストックを獲得し、この時点で
あと何個あるのかもはや、わからずといった
展開であった。


実際にはこの時点で13個ストックしており、
更にここからも“見せ場”と言った所。


ここまでは“チャンスモード”で有ったり、
“天国ループ”で有ったりなのか、上手く、
“番長ボーナス”を重ねてきたが、果たして、
設定は入っているのか?


『後編』に続く。。。

押忍!番長3設定狙い実戦記!更に絶頂対決からのストック20個オーバー!?肝心の設定は如何に?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
お酒を飲んで自転車を乗ってはダメ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. たあちゃん より:

    こんにちは。 たあちゃんです。
    さむらい殿。 これはどういう状況?私も出たことあるんだけどシークレット対決?
    「この初の“番長ボーナス”では上乗せさせる事は
    出来なかったのだが、終了後に突入した対決に
    勝利したかと思ったらまたしても“轟大寺”へ
    移行し」の部分であるw嫌」違うな。シークレットなら寺にいかないからな。
    次の3日目でいったってことであるか?w

    • さむらい より:

      やあやあ、たあちゃん殿、コメント感謝である。

      これは“番長ボーナス”直後の話しなので1日目である。

      “轟大寺”に行く前に通常の対決演出に発展し、勝った後に“轟大寺”へ発展したと言うパターンであったが、伝わり辛かったかw

  2. 小虎 より:

    自転車でも飲酒は良く無いですよ。

    毎日更新を楽しみにしてるので、更新が遅れたらショックです、、、笑

    怪我も病気も気をつけてください。

    • さむらい より:

      やあやあ、小虎殿、コメント感謝である。

      飲酒は自転車にしろ、絶対にしてはいけない。

      我輩も同感である。

      更新には影響なきよう、踏ん張る所存である!

  3. スタール より:

    毎度楽しみに拝見しております、最近はさむらいさんに触発されて、ノーマルAタイプ以外にも手を出しております。
    プレミア役をひく以外は悲惨な状況ですが笑
    以前、北斗の拳将について、少し質問させていただきました。前回は惨敗しましたが、先日日曜日見事ツモッたのか?8000ゲーム程まわして、差枚数2200枚程でしたがプラスでおわりました。最高時は4000枚越えていたのですが笑
    序盤に異色2回ひいたので、久しぶりにこぜ6だわ~があたまをよぎり、全ツッパで、一樹百獲で左チェリー狙いでぶんまわしていたのですが、
    終日ベル落ちが悪く、結果1/7.2を下回る数値に。。6500くらいまでは、7.5程度でした。
    昔は百景よろしく三尺は微妙な流れの際の参考程度で、絶大な設定差がないものはあまり気にしていなかったのですが、
    さむらいさんのじゃぐ日記をみるようになってから常に小役カウントは徹底するようになりました。
    今回は、異色が早い段階で2回降臨したので全ツッパできましたが、序盤~前半下皿行き来する苦しい展開で、確信するものがなければベルが悪いのでやめてたと思います。
    さむらいさんは終日まわして、ブドウがすこぶる悪いけど、ボーナスは設定9くらい、のような展開は過去にあったのでしょうか?そういう時は、やはり途中でやめるのでしょうか?
    私は花火がメイン機種ですが風鈴にいつもふりまわされて、思うように立ち回れておらず、、
    ハズレひくも、風鈴が1/17で、ボーナス設定-2だとか、(おそらく万分の一をひいたのでしょうが笑)
    風鈴がえらく落ちてボーナスもついてきているのに、3000ゲーム回したあたりからうってかわって、風鈴があっという間にひっくり返されシェイクを打っているような初あたりの重さに苦しまされたりと、翻弄されることがままあります。→特にこういう展開が多いです笑
    結局はヒキの問題と、高設定ではなかったのだろうと思いますが、そういう時の見極めの、極意というか、意見頂ければ幸いです。

    • さむらい より:

      やあやあ、スタール殿、コメント感謝である。

      我輩の勝手な印象であるが、サミーの“Aタイプ系”のメイン小役はどれも荒れるイメージである。

      古い話しであるが、『桃太郎電鉄』や、『うる星やつら』などまさにそう。

      なので、サミーに関しては内容重視にする傾向である。

      結局、8000G回して“サミートロフィー”などは出たのだろうか?

      出てないのであれば、設定2辺りの誤爆も十分に有り得る話しである。

      我輩の“実戦記”でもぶどうが悪くても当たっているからと言う理由で最後まで打った実戦もあるし、小役が悪いからと、止めている話もある。

      『ハナビ』の風鈴は分母が大きい分、『ジャグラー』のぶどうと比べると大きく荒れがちである。

      特に設定6ではある程度回せば安定するが、設定5などは荒れるイメージ。

      我輩は風鈴や氷よりもハナビチャレンジや、ハナビゲームの“ハズレ確率”に重きを置いている。

      “BIG”が引けないと試行が増やせないが、設定1・2はハズレがやはり、出ないので最後はここで押し引きしている。

      極意はまさしく、『一樹百穫』であるな。

      『一樹百穫』はただ、小役確率を見るのではなく、“上下のブレ幅”を見るもの。

      高設定“1/6.0”と、低設定が頑張っている“1/6.0”とでは“上下のブレ幅”が違ってくる。

      やはり、高設定の方が安定し、推移するものである。

      そう言う視点でデータを見て頂くとまた、違ったものが見えてくるかも知れないな。

      • スタール より:

        貴重な意見どうもありがとうございます。
        トロフィーは未確認、reg中にモヒカンをみたくらいで、確定要素はなかったです。
        言われてみれば充分誤爆もありえますね笑 
        私も十数年前は、いわゆる軍団に所属してたのですが、今はピンで、意見交換できるひとがおりません(T^T)
        友人たちはほとんど引退し、遊びで打つ程度のひとが何人かいるくらいです。
        目の前のデータも俯瞰して客観的判断をかくことが多いのが、敗因な気もします笑

        ちなみにカウントデータは以下の通りでした。
        トータル 8158
        B 37
        R 23
        べる 1133
        中チェ 68
        弱スイカ 166
        なお、弱チェと強スイカは数えてません。
        高設定とにらんだのは異色ひいたこと、序盤バーが多かったこと、単独赤ビッグが三回、くらいですね笑

        以下はベル100ごとの中チェ、弱スイカ、総回転数です。
        安定してベルが悪いですね笑
        100 6 21 808
        100 9 20 1541
        100 6 14 2202
        100 5 9 2944
        100 9 23 3660
        100 3 13 4400
        100 9 17 5134
        100 4 16 5830
        100 5 10 6529
        100 4 16 7213
        100 7 13 7916
        33 1 4 8158

        まだまだ修行がたりんようなので、さむらいさんの実践記を参考に精進します。
        後編も後程じっくり拝見します。

        • さむらい より:

          やあやあ、スタール殿、ご返信、細かなデータまで感謝である。

          やはり、いくらサミー系とはいえ、ここまで安定してベルが悪いとなると、誤爆のような気もしないでもない。

          そのお店が『バラエティー』にもしっかりと高設定を投入されるようなお店であるなら十分、高設定の可能性もあるが。

          ただ、我輩の持論は設定推測は推測の域を超えないので、しっかりとした根拠のもと、粘り、データも取り、結果が付いたならそれは正しい行動であったのだと思う。

          この妥協をせず、正しいと思える行動を続ける事でトータルで勝つ事が出来て行くのだと思っている。