ミラクルジャグラー実戦記!特定条件を課した中での実戦記!果たして達成なるのか?

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


昨日の事について、いくつかのメッセージや、
ご助言を頂き、大変感謝である。


『Google XML Sitemap』

の更新による不具ではないか?
との、ご助言を頂き、“ダウングレード”した。


これでしばらく、“INDEX”されるか、
様子見としよう。


何か、良かれと思い、試行しては失敗する。


これを繰り返してばかりである。


もはや、余計な事はせず、ひたすら、
“コンテンツ”を増やす事に尽力を
注いだ方が良いのだろうか?


課題は多く有り、今後とも、皆様方の、
ご助力を頂けたら幸いである。


さて、本日であるが、
『スーパーミラクルジャグラー』導入記念!
と、称して、いつもとは違った“実戦記”
2日に分け、お届けしよう!


但し、『スーパーミラクルジャグラー』ではなく、

『ミラクルジャグラーKK』

“実戦記”であるw

ミラクルジャグラーKKスペック

ミラクルジャグラー
画像引用元©北電子

▼ミラクルジャグラーKKスペック▼

ボーナス確率
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/292.6 1/468.1 1/180.1 95.7%
2 1/282.5 1/431.2 1/170.7 97.5%
3 1/273.1 1/399.6 1/162.2 99.0%
4 1/268.6 1/341.3 1/150.3 101.2%
5 1/256.0 1/309.1 1/140.0 103.9%
6 1/230.8 1/356.2 1/140.0 107.9%

引用元©北電子メーカー発表値

ボーナス確率
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/292.57 1/468.11 1/180.04 96.16%
2 1/282.48 1/431.16 1/170.67 98.07%
3 1/273.07 1/399.61 1/162.22 99.95%
4 1/268.59 1/341.33 1/150.31 102.04%
5 1/256.00 1/309.13 1/140.03 105.02%
6 1/230.76 1/356.17 1/140.03 109.42%
単独ボーナス確率
設定 BIG REG
1 1/468.11 1/744.73
2 1/442.81 1/655.36
3 1/442.81 1/630.15
4 1/431.16 1/512.00
5 1/420.10 1/468.11
6 1/372.36 1/546.13

▼小役確率▼

小役確率
設定 ぶどう チェリー リプレイ ピエロ ベル
1 1/6.18 1/35.77 1/7.30 1/1024.00 1/1024.00
2 1/35.77
3 1/35.46
4 1/35.39
5 1/34.35
6 1/5.96 1/33.64

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

特別な日の実戦記

--sponsored link--

梅雨真っ只中が嘘のような快晴日。


本日は『ジャグ専』である我輩にとっては
特別な日。


『スーパーミラクルジャグラー』

“導入日”なのである!


『マイナージャグラー』に属する為、台数こそ、
少なめではあるが、“抽選番号”次第では
“実戦”する気満々で挑んだ
“抽選結果”は明らかに最後尾より。


『スーパーミラクルジャグラー』の実戦は
諦めざるを得ない状況。


しかし、他の『ジャグラー』にも設定は
見込めるだろうと、開店を待った。


朝一の入場は“戦”である!


我先にと、入場し、“危険”とはわかっていても
小走りとなる。


掛け持ち等にはうるさい『マイホ』ならでは
であるが、朝イチの台取り合戦は正に“戦”


そんな中、我輩が一目散に向かったのは

『ミラクルジャグラーKK』

であった。


“設定”が見込めなくなって久しい本機ではあるが、
さすがに『スーパーミラクルジャグラー』
導入とあっては『旧ミラクル』にも
“設定”を使って来るのではないか?
との、予想である。


『ミラクル』の島に走ると先客は1人。


しかも、我輩の本命台とは“逆張り”である。
難なく、『ミラクル』の本命を押さえ、
“開店チェック”に向かうのであった。


“抽選結果”とは裏腹に我輩としてはかなり、
良い台を選択出来たと思う。


いざ、“実戦開始”である!

いざ、実戦開始

新台入替

『今日こそは1本で万枚出ますように!』

と、いつものように“願”を掛け、
『つばめがえし』で打ちだす。


初当たりは投資“4本”131GREG
この時既に、“ぶどう”“24個”


“ぶどう”“高設定”のそれを意識
するような立ち上がりである。


“ぶどう”はガンガン、揃い“50個”貯まったのは
240G“BB0RB1”


312Gで本日初となる“チェリー”
取りこぼし。


『人の集中力とはなんと儚きものか』

そのような事を思い、ふと、“ある課題”
自分に課す事にした。


その“課題”とは

『BAR揃いさせる』

事であった。

ミラクルにおけるBAR揃い

--sponsored link--

本機『ミラクルジャグラーKK』における
“プレミア演出”的位置付けで
『BAR揃い』がある。


そのような“プレミア演出”をまとめたのは
こちらからスーパーミラクルジャグラーの薦め!ミラクルジャグラーの魅力を徹底解明!スーパーミラクルジャグラーとの違いとは?(前編)


その中から『BAR揃い』を引用すると、

BAR揃いの手順▼
右上がりBAR揃い準備目
BAR揃い準備目右上がり
下段BAR揃い準備目
下段BAR揃い準備目1
もしくは

下段BAR揃い準備目2
上記準備目を作り、空回し。“BIG成立ゲーム”に限り、自動停止時に『BAR揃い』する。但し、自動停止させると全ての小役も揃わない為、大幅なベースダウンとなる。また、準備目を作る際も毎ゲームビタ押しが要求され、右リールに至っては右下段枠下に『赤7』をビタ押しし、4コマ滑らせて『べりぶ』をて停止させなければならない。

と言う、“代物”であるw


損をしない為には毎ゲーム、“準備目を目押し”し、
“先光り演出”の時にだけ、“空回し”をし、
見事、BIGであれば『BAR揃い』と言うもの。


なぜなら、

『空回し=全小役が揃わない』

事を意味するからである。


毎ゲーム、“ビタ押し”を含めた“目押し”
要求され、“しんどい”事に違いないのだが、
少々安易にこの、“課題”を自分に
課してしまったと、“後悔”する事となる。


まず、“設定6”でも“BIG成立時”“先光り演出”
となれば、単純に“1/230.8”“先光り発生率1/4”
出現率は“1/923.2”と思いきやそうではない。


まず、“準備目”が出来るのは完全な
“ハズレ”である事。


“リプレイ”や、“ぶどう”成立時には
“準備目”が作れない。


そして、毎ゲーム“ビタ押し”による
“消化時間”や、ボーナス成立時の
“成立契機であるフラグ判別”
出来なくなるなど、“デメリット”だらけである。


もはや、“デメリット”しかない。


しかし、なぜ、そのような“課題”
課したかと言うと、

『ブログの為』

に他ならないw


仮にこの『ミラクルジャグラーKK』
“高設定”でなければせっかくの記念すべき、
『スーパーミラクルジャグラー』“導入日”
“チャンス”を逃す事になる。


悲しいかな、『ブログをたしなむ者の性』である。


“設定判別”をしながらの
『BAR揃い』への“長い挑戦”が始まった。

準備目最良手順

ミラクルジャグラーリール配列
画像引用元©北電子

始めてみたら、かなり“しんどい”事に気付く。


最初、左は“ベル付の7”を下段に“目押し”し、
下段に“7”をテンパイさせ、右リールは
“ビタ押し”で枠下に“7”
押し、『べりぶ』を狙う。


まず、左リールは下段に“ビタ押し”でないと
“チェリー”を取りこぼす。


中リールは中段に“7”“ビタ押し”しないと
下段にテンパイしない。


そして何より、右リールは“ビタ押し”しても
毎度『べりぶ』が停止するわけではない
事に気付く。


最初は自分の“目押しミス”なのかと疑っていたが、
恐らくこれは“制御”によるものと判断した。


すなわち、小役成立時には“準備目”
作れないだけでなく、ハズレ時にも
100%“準備目”が作れるわけでは
ないのである。


ここから“思考錯誤”が始まる。


“右上がり準備目”より、“下段準備目”の方が
効率が良い為、切り替え、更にハズレ時の
“準備目作成率”が上がるようにと、
編み出したのが“逆ハサミ手順”であった。

▼準備目逆ハサミ手順▼

右リール枠下に“7”“ビタ押し”し、ビタ止まり時→小役確定
成功時4コマすべり、『べりぶ』が停止
べりぶ
左下段に『りぶな』をビタ気味に目押し
りぶな
中下段に“7”“ビタ押し”
下段BAR揃い準備目2
下段BAR揃い準備目1

以上が様々な“思考錯誤”の末、編み出した
“準備目最良手順”であった。

長く感じた戦い

--sponsored link--

最初の“先光り演出”は小役成立後であった為、
チャンスとならず。


そこから、押せども押せども光らない。
そもそも“ボーナス”が重いのである。


左からの“手順”や、“下段準備目手順”など、
様々な“打ち方”を試し、出来た上記、
“準備目最良手順”ですらハズレ時の
80%程の成功率であった。


312Gから思い付きで始めたその挑戦。


長く感じたその戦いであったが、訪れた2回目の
“先光り演出”は1908G目。


時間にして2時間半程であろうか?


毎ゲームのように“ビタ押し”を駆使し、
やっとこ訪れたチャンス。


“神”など信じぬ我輩が手を合わせる“滑稽な姿”


そして、その瞬間は訪れた。


その瞬間、我輩はガッツポーズを決め、
周りの専業仲間にこの度の挑戦を語った。


▼その瞬間がこちら▼

15秒ほどの短い動画ですので見てやって下さいw

総括

ミラクルBAR揃い

長かった戦いに終止符を打った。


我輩は大きな達成感に満たされていた。


さて、止めようかと、思っていたが“データ”
見ると“ぶどう”が良い。


この時、1908Gにして“BB7RB3”
合算こそ1/191だが“ぶどう326個”
“1/5.85”であった。


“設定6”でも合算1/140の本機。


ならば、無条件で“ぶどう500個”までは数えよう、
と粘ってみたのがこれ。


データ


『で、あるか。。。』

久々の『で、あるか。。。』降臨。


この時、2920G“ぶどう”“496個”


ストレート1012Gハマり、『逆回転』からの
久々のBIG降臨であった。


『後編』に続く。。。
ミラクルジャグラー実戦記!ボーナス合算は悪いがぶどうが良いだけの理由で続けた結果は?

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
奇跡の瞬間を垣間見たよ!と言う、
門下生(読者様)さむらい
応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280