さむらい物語 第18話 ~さむらい初の設定判別~

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


前日、『4号機の小役目押し』について、
記事を綴らせて頂いた。


本日の『設定判別』を説明する上で必要な知識を
綴っておる。


まだ、お読みでない門下生(読者様)
こちらから読み進めてほしい。


>>さむらい物語 第17話 ~さむらい小役目押しを覚える~

前回までのあらすじ

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩の『過去の記憶や足跡』
『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこう、
と言う趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は妄想が含まれている事を
お断りしておくw


『パチスロ』にハマり、『パチスロ』
生きていく決心をしていたさむらいは親に

『パチプロになる!』

宣言をするも軽く受け流され、
進学する事となる。


4号機が登場するもまだ、3号機との共存状態であり、
劇的な変化はあまり、なかった。

思い出の4号機

プレイガールV
©オリンピア

エレクトロコインジャパン『チェリーバー』
皮切りに4号機時代へと突入し、
日本のメーカーからも続々と
新機種が出るようになる。


我輩の思い入れがある機種を上げると、
オリンピア4号機第一弾である、

『プレイガールV』

もその一つ。


初めて打った機種がオリンピア
『バニーガール』であった為、
思い入れのあるメーカーである。


本機はビッグとシングルボーナスの集中役のみの
A-Cタイプであったが、
あまりぱっとした成果は残せなかった。


しかし、後継機であるオリンピアの4号機
第二弾となる

『プレイガールクイーンⅡ』

ヒット機種となった。

どちらも画像が悪いのは20年以上前の
機種である為、勘弁してほしいw


同じくA-Cタイプであったが
レギュラーボーナスを採用し、
集中役がおまけ程度の仕様となっていた。


『バニーガール』のファンファーレからの
草競馬も好きであったが、
『プレイガールクイーンⅡ』の音楽も大好きであった。


久々に『プレイガールクイーンⅡ』の動画を見て
涙がちょちょ切れそうになった我輩であるw


その後出す機械も『ビーチガール』
なぜか『ガール』しばりなオリンピアであった。

4号機を代表する攻略法

--sponsored link--

4号機を代表する正攻法な『攻略法』と言えば、
『リプレイハズシ』『小役目押し』であったが
更に4号機、特有の『減算値』の差を利用した
『設定判別法』が発覚する事となる。


実際に、世に広まるのはもう少し後であるが
先日の記事の流れもあるのでこのまま説明させて頂こうw

設定判別法の原理とは?

はてな

では、本日の本題である『設定判別法』の説明を
させて頂く。


説明と言っても我輩の記憶を辿った曖昧なものである事を
ご了承頂きたい。


まずは、どのような原理で『設定判別』を行うか、
説明致そう。


4号機当時、通常時の小役は『小役カウンタ』
管理される機種がほとんどであった。


ボーナス以外のフラグの持ち越しが禁止されていた
4号機で小役の取りこぼしなどによる差を
調整する為に採用されたのが『小役カウンタ』である。


取りこぼした小役は丸々損をするというものではなく、
『減算値』を基準に小役確率を変動させて調整するのが
『小役カウンタ』の役目であった。


払い出し枚数が『一定値』より少なければ高確率に。
払い出し枚数が『一定値』より多くなると
小役は低確率で抽選される。


この『一定値』となっている
基準値が『減算値』である。


この、『減算値』であるが機種によってではあるが
設定差が存在する機種がり、そのような機種は
高設定程、ベースが上がるものであった。


それは『減算値』が上がる事を意味する物である。

減算値とは?

ニューパルサー
小役低確率時 小役高確率時 小役カウンタの仕組
2枚チェリー 1/12.6 1/3.3 ・メダル1枚投入毎に
設定1~4…-101
設定5…-104
設定6…-107
メダル1枚払出毎に+256
4枚チェリー 1/24.4 1/5.1
10枚小役 1/41.2 1/12.6
リプレイ 1/7.3

・小役のモード以降は3リール停止後
参考元パチスロ攻略マガジン

5号機で設定6のベースが優遇されており、
『設定判別要素』として差を設けている機種などは
小役を数え、設定6の近似値であれば
設定6ではないか?
と、言うのが5号機における『設定判別』の基本である。


『ジャグラー』で言えばぶどうを数えるのがそれにあたる。


4号機でも高設定程、ベースが優遇されている機種が
多くあった。


そのベースの差を管理、基準にするのが『減算値』である。


『設定判別』で代表される『ニューパルサー』
例に説明しよう。


上の表を見て頂こう。


まず、設定変更後、もしくはビッグボーナス終了後に
『小役カウンタ』はリセットされ、高確率状態となる。


そこを基準とするので仮に『0』としよう。


原則としてメダル1枚毎の投入枚数×設定差(減算値)
に対し、1枚払出す毎に256加算(加算値)する。
リプレイは行って来いなので試行には含めず。

例題
5G中、2枚チェリー1回、4枚チェリー1回獲得
加算値256×払出6枚=1536

設定4以下の減算値101の場合
減算値101×3枚×5G=1515
『0』に対し、値は『+21』なので『小役カウンタ』
低確率状態となる。


設定5以上の減算値104の場合
減算値104×3枚×5G=1560
『0』に対し値は『-24』なので『小役カウンタ』
高確率状態となる。


ゆえに6G目のゲームは設定4以下は
『小役カウンタ』低確率状態で抽選され、
小役出現率は14.5%となる。


それに対し、設定5以上であれば
高確率状態で抽選される為、
小役出現率は57.8%となる。

この、減算値と加算値の差で高低の差が
生まれるゲームを『判別ゲーム』とし、
判別ゲームを100回試行した場合、
57.8%以上小役が成立した場合は
設定5以上が濃厚となり、
14.5%の近似値となれば設定4以下が濃厚となる。


これが

『4号機の設定判別法』

である。

総括

--sponsored link--

デメリットとしてはまず、『減算値の0』の位置を
合わせなければいけない=ビッグボーナスを
当てる事から始まる事。


また、当時は雑誌から『判別ゲーム数表』を切り取り、
『判別ゲーム』を試行するのも一苦労していた。


100Gとはいわずとも20Gも『判別ゲーム』
試行出来れば十分であったがそれも中々、大変であった。


そんな中、『パチスロ攻略マガジン』が応用した
画期的な判別法を考案し、それが大ヒットする事となる。


それについてはまた、明日綴るとしよう。


第19話へ続く。。。>>さむらい物語 第19話 ~さむらい初のスロマガ流設定判別~


本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!当記事で門下生(読者様)になろうと思った方は下記、さむらいのランキングをチェック

--sponsored link--
広告336×280