さむらい物語 第10話 ~さむらい初の攻略打法~

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


『攻略打法』と言っても『セット打法』を含め、
様々あったが、我輩が初めて『攻略打法』
実戦した時の話しである。

前回までのあらすじ

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩の『過去の記憶や足跡』
『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこう、
と言う趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は妄想が含まれている事を
お断りしておくw


さむらいパチスロを覚え、目押しを習得し、
『モーニング』を知った事で常勝街道へと進んでいく。


当時、一代イベントである『新装開店』『抽選』に漏れたが、
『トライアンフ』『アポロン』『新装開店』
『抽選漏れ』の雪辱を果たす。


そして、『裏物』へとハマった末に初の5000枚オーバーを達成するも。。。


ヤンキー共に一芝居打たれ、人の良い我輩は信用し、
5000枚オーバーの出玉分全てを『貸して』しまうのであった。

さむらい猛省す

落ち込み

冷静になればなるほど自分の失態を悔やんでいた。


『なぜ、裏に行ってしまったのか』


『なぜ、ポケベル本体を預からなかったのか』


坊主のヤンキーが名乗った

『川崎の鈴本(仮名)って言えば知らない奴いねえから!』

って、そもそも、我輩の母校の三つ上の番格の先輩
川崎に引っ越した『みつお(仮名)先輩』の性と同じではないか?


そもそも、10万つめないと指詰められるのに8万7千円で許してもらえるのか?w


色々と思い出すw


坊主のヤンキーが助手席の乗りこんだ事で

『あれ?』

と、違和感に気付き、
走り去る車のナンバーを控えようとするも時、既に遅し。


夜になっていた為かナンバーを目視出来ず。


台に戻り、いくばくかの残りの連チャンを消化した。


大連チャンしたとは思えぬ少な過ぎるメダルを流し、
坊主のヤンキーが戻るのを待った。


21時までには絶対に戻ると言っていたがやはりというか、
坊主のヤンキーは戻らない。


やはり、騙されたのかとうなだれていた我輩であった。

戻って来るかも知れない期待を胸に

--sponsored link--

時が過ぎてもまだ、戻るかも知れない期待を胸に
している我輩がいた。


下手に打っては傷口を広げるだけなので打たずに店内を徘徊していた。


ふと、普段は訪れぬ『ぱちんこ』コーナーの一角で見た顔を見つけたのである。


なんと、『同級生』『ハネ物』コーナーにいた。


もしかしたらていの良い、
詐欺に騙されたかも知れないと言う、
現状を聞いてもらい、
『戻って来るわけないじゃん』
と、一蹴されたw


しかし、悪い話しばかりではなかったのである。


決して老け顔でもなかったその『同級生』

『じゃ、かわいそうなさむらい攻略打法を教えてやる』

と、言いだしたのである。

攻略打法とは?

ダービーキング

にわかに信じられない話しであるが事実である。


その決して老け顔でもなかった『同級生』が打っていたのは
『ダービーキング』と言う、メーカーは『西陣』『ハネ物』であった。

ハネ物とは

羽根モノ(はねモノ)とは、2004年7月の規則改正前まで「第2種」と区分されていたパチンコ遊技機の区分のひとつで、台の下方に設けられた開放チャッカーに入賞することによって、台中央に設けられた役モノへのルートが開き、その役モノ内部に設けられたV入賞口(Vゾーン)に玉が入れば大当たりとなるパチンコ台の総称。

そして、その『攻略打法』とはその『ダービーキング』
で使えるものだったのである!


やり方も簡単であった。


その名も『2発打ち』と、呼ばれる『止め打ち』を行うだけのものであったのである。

2発打ちの手順

▼2発打ちの手順▼
ダービーキング役物

役物の真ん中の『GOAL』に玉が誘導され、
留まると、馬の口へ玉が弾かれ、
口の中が『Vゾーン』となっており、
馬が玉を食べると見事、大当たりとなる仕様であった。


この、『GOAL』に導く為の横の『緑の役物』


これが定期的に上下しており、
上手く上がった時に玉が入ると
真ん中の『GOAL』に行き易くなる仕様であった。


ダービーキング緑の役物

『2発打ち』とは、通常時、この『緑の役物』が上がった瞬間に

『2発だけ打つ』

と言う、だけのものであった。


このタイミングで打ちだした2発の内どちらかが

『開放チャッカー』

に入賞したら玉を打ちっぱなしにする。


見事、この開放タイミングで役物に拾われれば
『緑の役物』が上がるタイミングと重なり、
役物の真ん中の『GOAL』に玉が誘導され、
大当たりと言う『攻略打法』『2発打ち』であった。

『2発打ち』でまた常勝街道へ

--sponsored link--

『2発打ち』を覚えた事で低資金で小銭を稼ぐ事が出来、
『裏物』のような一撃性はなかったが
『勝てる』事が楽しくて仕方がなかった。


しかしその後、あのにっくき坊主のヤンキーを目撃する事となるのである。


第11話に続く。。。>>さむらい物語 第11話 ~さむらいのカツアゲ事件終焉へ~

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらいの応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280