さむらい物語 番外編 ~さむらい帰宅難民に~

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


“東日本大震災”が発生して早、7年の月日が
経った。


この日を迎えると毎年、“震災”から何年と、
報道されるが、その都度、東京へ戻って何年
経ったのかと、その時の事を思い出すのである。


本日は『あの日を忘れない』と言う、思いから

『さむらい物語番外編』

として、我輩が経験した“震災”の時のお話しを
綴らせて頂こうと思う。

さむらい物語とは

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩、さむらい
『過去の記憶や足跡』
『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、
見ていこうと言う、趣旨の『物語』である。


中には“記憶違い”等が含まれている可能性が
ある事もお断りしておくw


今回の話しは『番外編』である。


とある、“スロットメーカー”千葉営業所
“営業マン”として働いていた我輩であったが、
退職した事を機に、いよいよ、“専業”
目指す事となる。


そのまま、千葉で“専業”を続けていたが、元々は
東京の人間であった我輩は、マンションの更新の
タイミングで東京に戻る事にしたのであった。


この時既に“専業”になってから2年半の月日が
経っていた。

いざ、東京へ!

東京駅

東京に戻り、3カ月ほどが経った頃。


東京での稼働も慣れてきた頃であった。


初めは電車で30分圏内の店を見て回り、
可能な限り、メール会員になった。


今は“広告規制”で派手な煽りは規制されているが、
当時はどこも“イベント合戦”が当たり前であり、
毎日、どこかしらでイベントが開催されている為、
行動範囲を広げれば、行く店に困る事はなかった
のである。


“7の付く日”はこの店に、“ゾロ目の日”はあの店の
抽選を受けてダメなら移動して別の店へ、と
言った感じ。


この日も“ゾロ目の日”という事で定番の店で
稼働していた。


とある、“南北線沿線”の店である。


その時、我輩が打っていたのは

『アントニオ猪木が元気にするパチスロ機』

であった。

思い出の機種

アントニオ猪木が元気にするパチスロ機
©2010 INOKI GENOME FEDERATION.
©オリンピア

『アントニオ猪木が元気にするパチスロ機』
オリンピアの5号機である。


本機は“A+ART機”であった。


この当時はまだ、“AT機”が世に出る前の時代で
あり、『エヴァ系』にも設定が使われていた時代。


同じ時期には『エヴァンゲリオン真実の翼』
『新鬼武者』や、『緑ドン』などが主要機種。


特に本機に強い思い入れがあったわけではないが、
この日『猪木』を攻めたのは“設定が見抜き易い”
部類であったので攻めていたと、記憶する。


“BIG中”には『猪木の名言集』5回、流れるの
だが、1回目2回目“実写ムービー”が流れると
高設定濃厚と言う、設定差が設けられており、
自分の台だけでなく、周りの台の“BIG中”
確認してればどの台が“当たり台”かは、わかる
ので島に“当たり台”1台といった状況であれば
早めに高設定か否か、判断出来たのである。


この日、打っていたのもそう言う理由からで
あったと思われる。


ちなみに本機との相性はすこぶる悪かったw

帰宅難民

--sponsored link--

他の台で強い挙動があり、やめようとしていた時、
それは起こった。


1回目の地震は悲鳴が聞こえるほど、店内は
騒然とした。


さすがに体感した事のない地震規模の大きさに、
只事ではない事は容易に感じる事が出来た。


ちょうど、止めようとしていた時であった為、
流そうと、“ジェットカウンター”に並んでいると、
2回目の地震が。


さすがに、メダルは遊技台に残して避難してくれ
と、店員に誘導される。


周りはガラス張りのビルだらけで、逆に外の方が
危険なのでは?とも、思ったが誘導にしたがった。


しばらく外に出されたまま、何も出来ずただ、
外で待たされる。


朝から何も食べておらず、飯でも食べようか?と、
思っていた所、1時間ほどで店内に入れるように。


JRは全線運休が決定し、南北線も止まっており、
この時既に“帰宅難民”となっていた。


先ほどは流せなかったメダルを流そうかと、
思ったのだが、普段は空いていないような台が
チラホラ見受けられる。


『緑ドン』“1000Gハマり”の台や、早番を
引かないと座れない

『この台釘空いてますよー!』

的な札が刺さった台ですら空き台に。


確変中のまま、戻ってこない台もあり、それでも
この日ばかりはさすがに呼び出し開放とはならな
かった。


せめて、ここで休憩でも取って飯を食べておけば
良かったのであるが、打てる台が目の前で空いてる
ならと、稼働を優先させてしまう。


後で後悔するとも知らずに、であるw


“期待値”が積めるうちはと、稼働し続け、気付けば
札台“デジ羽”を打って時間を潰していた。


知り合いの“専業仲間”の奥さんが車で迎えに来て、
近くまでは送ってくれると言う、手筈であったの
だが、道路交通網は麻痺し、友人の奥さんの車は
渋滞にハマり、全く動けずにいたのである。


さすがに、歩いて帰るしかないと覚悟を決めた。


しかし、21時を過ぎた頃であったか。


南北線が復旧したと店内アナウンスがあり、
稼働をやめ、帰宅する事に。


遠回りにはなるが、地下鉄を乗り継げば歩いて
帰れる駅まで行けるかも知れないと、淡い期待を
抱いていた。


電車に乗ると、南北線以外の一部の地下鉄も
運転が再開されたと、車内アナウンスが。


それなら『溜池山王』まで出れば乗り換え出来る
と、一旦、『溜池山王』へ。


『溜池山王』に着くも、待てども他の電車が
到着する様子はない。


すると、一時は復旧したものの、人が溢れ、
ホームに殺到し、ホームから人が落ちるなどの
事故が発生し、またも復旧の目処は立たない
との一報が。


稼働している時は外界から閉ざされた空間で
あった為、気付けなかったが、ようやく事の
重大さに気付く。


南北線まで止まってしまっては困るので仕方なく、
『駒込』まで行き、そこから徒歩で帰宅する事に。


失敗したのは朝から何も食べておらず、夕方も
食べずに稼働していた事。


この時の経験も有り、休憩を重んじるように
なったのかも知れぬ。


マック吉野家などの24時間営業している
ファーストフード店でさえ、都内の流通網が
麻痺していた為、閉めていた。


コンビニに行くと食べ物“水”はおろか、
“清涼飲料水”の類は全て売り切れとなっており、
あるのは“アルコール類”のみ。


事態の重大さに改めて気付く。


しかし、、途中、立ち寄ったコンビニ

『たった今、唐揚げ君が揚がりました!』

と、アナウンスが。


これは有り難いと、ビール唐揚げ君を購入し、
この日初となる食べ物にありつけたのであった。


3月であったが、この日の夜は寒かった。


とてもじゃないが、外でビールを飲むような
温度ではなかったが空腹を凌ぐが如く、
ビール唐揚げ君を駆け入れた。


このような状況で営業している店はなかった。


そう、諦めていたのだが、やっとこ隣町の駅に
差し掛かった所で入った事もない“ラーメン屋”
営業しており、混雑している様子。


見ると、“手打ちラーメン屋”とあり、麺さえ打てば
営業出来ると言う、スタンスなのか、“帰宅難民”
オアシスとなっていた。


後で調べて気付いたのだが、普段なら営業終了
している時間になってもその店は閉めずに客を
迎え入れ、可能な限り営業していたのであった。

総括

--sponsored link--

この時食べた“ラーメンと餃子”は格別に
美味かった。


この時の経験で普通に食べられる事の有り難みを
身に染みて感じる事が出来たのである。


帰宅すると、被害は仏壇が倒れ掛かり、線香の灰が
蒔き散らかされていた位で軽傷であった。


この日を境に“震災直後”のホール状況は
最悪であった。


ヘソに玉が通らずに乗っかるような調整台が
あったほど。


天井狙いならまだ、稼働のしようもあったが、
当時の我輩は設定狙いしかしていなかった為、
稼働を休んでいた。


この時、『酒パワー』“私のやきとり”氏から

『一緒に被災地へ行かないか?』

と、誘いを受ける。


そして、“震災”から1週間後には被災地へと、
降り立っていたのであった。


この時の話しは長くなるので機会があればまた、
綴らせて頂きたいと思う。


“震災”により、犠牲にあわれた方のご冥福と、
今もなお、避難生活を強いられている方へ
心より、お見舞い申しあげる。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
当たり前に食べられる生活を感謝するぜ!
と言う、門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. あっきー より:

    お疲れ様です。
    私もその日はパチンコ店にいました。
    昼から夕方過ぎまでいて、ちょっとプラスで喜んでいました。そして、帰ってようやく知りました。

    パチンコ店にいたから、地震があったなんて知らなかった…
    当時の私はニュースなどの情報に触れてすらいませんでした。

    私の大事な人は関東にもたくさんいて、かなり後悔した記憶があります。
    ああ、自分は何をしているんだと。

    さむらいさんがご飯を食べる理由はその日に起因しているんですね。。
    いつからでしょう。
    気づけば私も、朝起きてまず情報に触れるようになりました。

    被災地に赴いたお話、お待ちしています。

    • さむらい より:

      やあやあ、あっきー殿、お疲れ様である。

      あっきー殿も稼働しておったのか。

      我輩も仕事とはいえ、帰宅し、惨状を知った時にはどこか、後ろめたい気持ちになったものである。

      被災地へ行った話はまた、重くなってしまうので翌年の3/11にでも綴ろうかな?