ニューアイムジャグラーの薦め!ニューアイムジャグラーの魅力を徹底解明!(後編)実戦データを基にさむらい流『一樹百獲』で徹底攻略!

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


連日“アクセス”の話しをしているが、やはり
と言うか本日の“アクセス”は激減した。


“アクセス解析”を見ていると、夕方以降にやっと、
“検索エンジン”に引っ掛かるようになった模様。


恐らく、明日以降は比較的、“アクセス”が集まると
予想も立てられるようになってきた。


本日で“実戦記連投企画”も連続“11記事目”
なるのだが、過去“10記事”“アクセス解析”
見てみると見事、

『50000PV(ページビュー)』

を達成していた。


日頃から感謝であるw


このペースで“実戦記”“考察記”を続けていたら
今月は『150000PV』は目指せそうであるが、
それだと横這いなので“目標”として

『200000PV』

を目指そうと思う。
引き続き、“応援”を宜しくお願い致す。


さて、前置きが長くなったが本日は、

『徹底攻略シリーズ第6弾』

として、『ニューアイムジャグラー』
取り上げさせて頂こう。


昨日は『前編』として“演出面”や、“技術介入”
などの“考察記”を綴っているのでまだ、
お読みでない門下生(読者様)の方はこちらから
ニューアイムジャグラーの薦め!ニューアイムジャグラーの魅力を徹底解明!(前編)『Anniversary Edition』に搭載された隠された演出とは?

ニューアイムジャグラーのスペック

ニューアイムジャグラーパネル©北電子

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 95.9%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 96.7%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 98.7%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 100.8%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 102.8%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3 105.2%

引用元©北電子メーカー発表値

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 96.9%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 97.8%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 99.9%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 102.0%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 104.2%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3 106.6%
小役確率
設定 ぶどう リプレイ チェリー
1 1/6.49 1/7.30 1/33.6
2 1/33.6
3 1/33.4
4 1/33.2
5 1/33.0
6 1/6.18 1/33.0
機種情報
メーカー 北電子
導入日 2012年4月
タイプ ノーマルAタイプ
BIG 純増約325枚
REG 純増104枚
天井 非搭載
BB1G連 軍艦マーチ
100G以内ゾロ目 運命
ウィリアムテル序曲
ピアノ協奏曲第1番
100G以内ゾロ目
AnniversaryEdition
運命
交響曲25番第1楽章
アイネクライネナハトムジーク
プレミア演出 上部LED点灯
レバーオンファンファーレ

©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!

ニューアイムジャグラーとは?

--sponsored link--

『ニューアイムジャグラー』と一括りにして
しまっているが少々、“歴史”があるので
省みてみよう。


“4号機”の終焉を迎える最中、
『ジャグラーシリーズ』“正当後継機”として
“2007年”に登場したのが『アイムジャグラーEX』
である。


甘いとされていた“4号機”
『ジャグラーシリーズ』に比べると
“激辛なスペック”な為、世に認知されるまでに
少々、時間が掛かる。


しかし、完全に“4号機”がなくなる頃には
“他メーカー”『ジャグラー』に模した機種を
出すほど、“Aタイプの代表”として“君臨”する。


似たような“スペック”『アイムジャグラー7』
や、『アイムジャグラーSP』などがあったが、
根本的な“確率”などの“スペック”が異なっていた。


しかし、“完全継承の後継機”と謳われた
『アイムジャグラーAPEX』“2011年頃”
登場する。


『EXを越えられるのはEXだけ、いざAP”EX”へ』

と、言う“キャッチフレーズ”の基、販売される。


“スペック”面こそ『アイムジャグラーEX』
あったが“演出面”では大幅な変更が施されており、
“正当後継機”としては認知されなかった。


我輩としては『ニューアイムジャグラー』と同じ
括りで良いと思うのだが、ここでは一応、
“別物”とさせて頂く。


“2012年”に登場した型式名
『ニューアイムジャグラーEX-C』が初代の
『ニューアイムジャグラーEX』である。


“検定期間”“公示日”から“3年”となる為、
その後もおよそ“3年毎”“同一スペック”
『ニューアイムジャグラー』を販売していく。


『EX-C』の次が“クリスタルパネル”でお馴染みの
『EX-KT』であり、次に『EX-KA』
『AnniversaryEdition/KK』、次に出る予定なのが
『EX-AN』である。

いざ、実戦開始!

--sponsored link--

本日“実戦”したのは

『ニューアイムジャグラーEX-KT』

である。


『ニューアイムジャグラー』と一括りにしては
いるがやはり、『EX-C』と比べると
『EX-KT』“癖”があると感じる。


それは『マイジャグラー2』
『マイジャグラー3』程の“差”では
ないにしろ、“癖”があるなー、程度。


“体感”とか“オカルト”染みた考えではあるがw


時は梅雨を感じさせる“紫陽花”が咲く頃。


いつものようにお約束の

『今日こそ1本で万枚!』

“願掛け”からスタートw


そんな願いが届いたのか初当たりは投資“1本”
37G“BIG”と最高のスタートを切る。


“ぶどう”もこの時“8個”“ロケットスタート”
に相応しい展開であった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 37G BB
2 133G RB
3 14G BB 2連
4 12G RB 3連
5 14G BB 4連
6 68G RB 5連
7 96G BB 6連
8 23G RB 7連
9 80G BB 8連
10 120G RB 引き戻し?
11 80G BB 2連
12 71G BB 3連

“ジャグ連”こそならず、と、思いきや、133G
得た“REG”から怒涛の“8+3連チャン”である!


“ぶどう50個”281Gで貯まり、

『簡単だわ~』

と、序盤から“ドヤスタート”をかましたのだったw

前半戦

一樹百獲実戦値前半戦
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 575G 1/5.75 1/5.75 BB5RB4 1/63.9
200個 1201G 1/6.01 1/6.26 BB8RB7 1/80.1
300個 1697G 1/5.66 1/4.96 BB12RB8 1/84.9
400個 2222G 1/5.56 1/5.25 BB14RB8 1/101

このまま“BIG60回”も付ければ“万枚”
夢ではないw
そんな事を考えながら黙々と回す。


この日は休み明けと言う事も有り、良い“集中力”
打てていた為、終日『つばめがえし』での
“実戦”であった。


さむらい流奥義『つばめがえし』とは通常時に
おける、“逆押し小役目押し打法”である。
さむらい流奥義『つばめがえし』の記事はこちらから
ジャグラーの出玉率が2%アップする!?究極打法を伝授!さむらい流奥儀『つばめがえし』とは?


序盤から“ロケットスタート”をかまし、このまま
走ってもらいたい所。


“ぶどう400個”までぶっちぎりの確率で走り、
“ボーナス”に至っても“1/101”
“設定6”を疑う要素はない。


しかし、打ってるのはさむらいであるw


このまま、走り続ける程、簡単ではない事を
知っているw

中盤戦

一樹百獲実戦値中盤戦
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
500個 2882G 1/5.76 1/6.60 BB14RB8 1/131
600個 3642G 1/6.07 1/7.60 BB20RB11 1/117.5
700個 4146G 1/5.92 1/5.04 BB21RB12 1/125.6
800個 4704G 1/5.88 1/5.58 BB22RB15 1/127.1
900個 5394G 1/5.99 1/6.90 BB27RB17 1/122.6
1000個 5931G 1/5.93 1/5.37 BB30RB20 1/118.6

“ぶどう400個~500個”の間で

『ストレート922Gハマリ』

を食らい、一気に“ボーナス合算”が下がるも
何とか、“連チャン”で盛り返す。


しかし、肝心の“ぶどう”“下ブレ”“上ブレ”
を繰り返し安定しないのかと思いきや、
“1/6.0”付近をキープし、“設定6”を確信
しながらの“実戦”へと移るのであった。

後半戦

ニューアイムデータ
引用元パチマガスロマガ攻略!

一樹百獲実戦値後半戦
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
1100個 6556G 1/5.96 1/6.25 BB31RB21 1/126.1
1200個 7211G 1/6.01 1/6.55 BB35RB21 1/128.8
1300個 7757G 1/5.97 1/5.46 BB36RB26 1/125.1
1400個 8436G 1/6.03 1/6.79 BB36RB28 1/131.8
1469個 8904G 1/6.06 1/6.78 BB37RB28 1/137
実戦結果
総回転数 8904G
総BIG 37回(1/240.6)
総REG 28回(1/318)
ぶどう 1469個(1/6.06)
単独チェリー 222個(1/40.11)
ピエロ 6個(1/1484)
ベル 9個(1/989.3)
総収支
総投資 1本
総獲得メダル 2996枚
総差枚数 +2946枚
総収支 +53500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 111.0%

総括

--sponsored link--

残念ながら今回も

『1本で万枚!』

は成し得なかった。


いつしか訪れると信じて今後も“夢”は変わらない。


さて、今回の“実戦記”であるが何だかんだと
安定していたのではないか?


我輩としても序盤から“設定6”を疑う要素なく、
“実戦”していた。


“後半失速”するのはいつもの事であるw


失速しても“106.6%”の本機
『ニューアイムジャグラー』において今回の
“出玉率”以上の結果に“大満足”である。


“出玉率”こそ低めではあるが本機
『ニューアイムジャグラー』の気になる
『さむらいランキング』であるが、

『さむらいランキング第4位』

である!


その理由は今後の“5.9号機”、はたまた、
“6号機”時代に入った時に改めて実感する
事となろう。


次回はこの『ニューアイムジャグラー』がなぜ、
『さむらいランキング第4位』に輝けるのかを
“考察”したいと思う。


ニューアイムジャグラーの薦め!(番外編)はこちらから
ニューアイムジャグラーの薦め!ニューアイムジャグラーの魅力を徹底解明!(番外編)今後のスロット業界は?生き残る為にすべき事とは?

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
“実戦データ”『一樹百獲』を分けた“実戦記”
見やすかったよ!と言う、門下生(読者様)
さむらいの応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280
アクセスランキング