パチスロを打つ上でオカルト的な考えはダメ?さむらい流オカルトとの付き合い方を伝授!

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


『徹底攻略シリーズ』第三弾に多くの反響を
頂き、感謝である。


『さむらい物語』では“2000PV”
良い所であるが、本日だけで“1万PV”とは
もはや、有り難き幸せである。


まだ、お読みでない方はこちらから
マイジャグラー2実戦記!マイジャグラー2の魅力を徹底解明!その魅力とは?知られざるマイジャグラー2の裏技も公開!(前編)
マイジャグラー2実戦記!マイジャグラー2の魅力を徹底解明!その魅力とは?知られざるマイジャグラー2の裏技も公開!(後編)


さて、こちらの記事でも『オカルト』的な
考えを示しているが、本日はこの、
『オカルト』についてどのように
捉え、付き合っていくかを綴りたいと思う。

オカルトとは?

--sponsored link--

度々、『オカルト』“有り”だと、
記事でも語っている我輩であるが、そもそも、
『オカルト』とは何なのか?
それを理解しなくては何も語れまい。


色々、調べてみたが語源とかは、どうでも良いので
1番しっくりきた言葉を引用させて頂く。

『オカルト』とは論理的ではない考え方。

これであろう。


“完全確率”で抽選が行われている
“ぱちんこ”“パチスロ”において、
論理的ではない思考で物事を考えるのが
俗に言う『オカルト』である。


過去に1度、この『オカルト』をお題で記事を
書こうと試みたのだが、とてもではないが、
我輩の“文章力”で説明するのには難しい
課題であると、断念した経緯がある。


その当時よりは多少は成長している事を信じ、
今回は『オカルト』について我輩の
“持論”を綴らせて頂こう。

オカルトが否定される理由とは?

はてな

“期待値論者”、いわゆる、勝っている方は
基本、『オカルト』を否定する。


では、なぜ、『オカルト』はダメなのか?


それは『オカルト』では“勝てない”から
である!


繰り返すが、まず最初にお断りするのは

『オカルトでは勝てない』

これだけば“断言”しておこう。


我輩の“マイホ”『オカルト』
『ジャグラー』を立ち回る常連さんがいる。


どこにでも居るような方だとは思うが、
“100G以内の連チャン”、いわゆる、
“ジャグ連”が終わったら台移動を繰り返し、
その後の方がハマればベストなタイミングで
止められたと“ドヤ顔”をする。


そんな常連“I”さんが我輩に

『ジャグ連のアルゴリズムを解析出来たらノーベル賞が取れると思う』

そう、真顔で語った。


『オカルト論者』であり、それを主に立ち回る、
常連“I”さんは目押しも“上級者レベル”であり、
『パチスロが設定6段階で出玉管理されている』
この“事実”も理解している。


しかし、通常時はチェリーも狙わず、中段に
7がテンパイしたら“カラ回し”をし、
他の台を掛け持ち遊戯で回したり、と
やりたい放題である。


そこまで持論が確立されている常連“I”さんに
勝つ為の“立ち回り”を教える事は大変、
困難である。


負けている事実を認めて頂き、

『どうしたら勝てるのか?』

をご自身で改めて頂く必要があるのだが、
このような完成された『オカルト論者』
正す事は正直、難しい。


実際に常連“I”さんが勝っているか
どうかはわからないが、未だ

『ノーベル賞を取っていない』

事実を鑑みるに、勝てていないのであろう。

ダメなオカルトと推奨されるオカルト

--sponsored link--

では、どのような『オカルト』“ダメ”
どのような『オカルト』であれば“推奨”
されるのか、これを考えてみよう。


“期待値”を積んで勝つのが定石である、
“ぱちんこ”“パチスロ”において、
『オカルト』的な考えは不要な長物でしかない。


例えば

  • ハマっているから当たったら“連チャン”しそう
  • 0G止めされている台を見て“ジャグ連”するかも知れないから打ってみよう
  • 連チャンしたからそろそろ“ハマる”だろう

このような『オカルト』的ないわゆる、
論理的ではない理由で打つ考えは“御法度”である。


このような考えで立ち回っている方は“ぱちんこ”
“パチスロ”で負けているであろう。


ダメな『オカルト』とは

『出玉に関わる理由』

にはなってはいけない事が“大前提”である。


上の例で挙げると、
“ハマっているから当たったら連チャンしそう”
これは連チャンするかも知れないし、
しないかも知れない。
その台の設定で毎ゲーム行われる“ボーナス抽選”
結果のみが真実であり、その確率は“完全確率”
ある以上“一定”である。


すなわち、“打つ理由”にはならない。


次項も同じである。


このような、『出玉に関わる理由』で打ったり、
止めたりする『オカルト』的な論理的ではない
考えで打つか打たないかを決める事は
“論外”である。


そのような『オカルト』な考えのみで
立ち回っている方で常勝している人は
見た事がない。


勝ちたいと思っている門下生(読者様)の方々は
絶対にしてはいけない考えである。


では、推奨されるさむらい流『オカルト』とは?
どのようなものか?


それは出玉に影響を及ぼさない程度で
楽しむ為の『オカルト』である!


例えば

  • 第3停止でネジネジしたらペカるかも?
  • 他所見をしてレバーオンしたら先光る?
  • いざと言う時は下からレバーをカチ上げる!
  • ボーナス後100G以内は離籍しない
  • GOGO!ランプを隠す
  • 100G回して当たらなかったらやめよう
  • 毎ゲーム終わったら左手を見る

このような考えも

『論理的ではないオカルト』

的な思考ではあるが、

『出玉に影響を及ぼさない』

考え方の為、問題ない。


むしろ、パチスロを楽しむ為の

『スパイス』

的な考えである為、我輩は“推奨”するのである!

総括

--sponsored link--

ここまで『オカルト』について我輩の
“持論”を語らせて頂いたがご理解頂けた
であろうか?


常連“I”さんの例を挙げさせて頂いたが
そのような考え方を“否定”するものでは
ない事をお断りしておく。


それは常連“I”さんが“パチスロを楽しむ為”
垣間見たであろう“持論”であり、そのような
楽しみ方は全然『有り』である。


しかし、勝ち負けで“勝つ事を目的”とした場合に
そのような『オカルト』的な考えは排除すべき、
と言うのが“前提”である。


まとめさせて頂くと勝ち負けの影響を
及ぼさない程度のパチスロを楽しむ為の

『オカルトは有り』

と言うのが『さむらい流』である!

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
今後も第3停止はネジネジするぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280
アクセスランキング